コストコ おいしい直火焼きビーフジャーキー2kg

1.おいしい直火焼きビーフジャーキー2kg

購入価格 968円(2019年7月)
本日は、おいしい直火焼きビーフジャーキー2kgを購入してみました。我が家にはペット飼っておりませんが、母親の家ではチワワを飼っております。昔から犬や猫が好きで、母親の人生の中で犬や猫との生活がなかったことはないほど、動物とのつながりは深いです。私が小さい頃は犬や猫のエサは犬まんまや猫まんまであり、単純に食卓で出た食事の残りごはんに味噌汁をかけただけのものでした。ただ、ネットでググってましたら、1960年代には、日本ペットフード(株)から発売されている「ビタワン」という国産のドッグフードが販売されていたみたいですが少なからず、我が家を含む近所で犬猫を飼っている家庭では見たことがありませんでした。話は戻りますが、今回はドッグフードではなくて、九州ペットフード(株)から発売されているおいしい直火焼きビーフジャーキーで、会社は福岡県にあるそうです。平成5年から創業しているみたく、会社としてもそこまでは古い会社ではないみたいです。HPにも「家族の一員として、親しい友人として、かけがえのないパートナーとして…。私達の日々の暮らしを支えてくれるペット達。その愛らしいしぐさが時には心を癒してくれたり、時には勇気づけてくれたりといつも愉しいひとときをもたらしてくれます。だからこそ彼等の幸せや健康をいつも最優先に。私達はそんな願いを込めて日々ペットの食と健康を考えています。」(出典:九州ペットフード(株))と犬や猫を含むペットたちのことを1番に考えていることが伝わってきます。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。(犬の気持ちになって)やはり、ドッグフードを食べるスピードよりもはるかに早く、がっつく感じで食べております。やっぱり、普段食べるドックフードよりもおいしいのでしょうか?とにかく、無心に食べている姿が伝わってきます。1本食べあたえてももう1本くれ!と言わんばかりの顔をしてこちらを見つめてきます。もう1本手に持ち、あげようとする素振りをすると目を輝かせてこちらを見つめてきます。では、もう1本。食品表示には「体重を目安として、1日2回~3回に分けてお与えください。」と記載されているので、超小型犬(1~5㎏)は6本~19本となっていたので、まだまだ大丈夫だと思い、2本目、3本目とどんどん与えましたが、これはきっと止まらないと思い、3本目で与えるのをやめました。当商品の九州ペットフード(株)のHPにも書いてありましたが、「当社で取り扱っているフードは人間が食べても問題ない原材料を使用しておりますが、あくまで愛犬用として作っておりますので誤って食べないようにお願いします。特に保管場所はお子様の手の届かないところでの保管をお願いします。」となっていることから、人間が食べても問題がないことがわかったので、当商品の端っこを少しだけひとかじりしてみました。う~ん、お酒のおつまみなどにあるビーフジャーキーの味と全く一緒ですね。イメージとしては「なとりのジャッキーカルパス」の味をイメージしていただければいいかなと思います。犬を飼っている方は、是非、一度お試しください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です