コストコ ピーチ&チェリータルト

1.ピーチ&チェリータルト

購入価格 1298円(2020年8月)
本日は、ピーチ&チェリータルトを購入したました。明らかに通る人を魅了するような様相をしている本商品。外観パッケージをチラ見しただけでついついカートの中に入れてしまったのですが、一瞬過去に購入したことのある商品「アップル&ブラックカラントタルト」を思い出させるかのような外観をしていたのですが、ぱっと見は本商品の方が若干鮮やかに見えるかと思います。と言うのも、アップル&ブラックカラントタルトのほうがどうしも見た目が黒くなって見えるのは、ブラックカラン(カシス)がふんだんに使用させていることからわかるように、カシスの色が周りに移ってしまうことと、オーブンの焦げ目で少しく黒ずんで見えてしまうことが原因になります。アップルもたくさん入ってはいるのですが、アップルは白い色をしているのでどうしても色が移ってしまう側になってしまうのでカシスの黒色が移ってしまい商品全体が黒っぽくなっておりました。それに対して、本商品は見た目も鮮やかであり、白桃の白、黄桃のオレンジ色、チェリーの紫色と見た目もカラフルであり、見ているだけでも楽しくなってきます。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。白桃、黄桃、モレロチェリーのフルーツのハーモニーが相まってフルーツのジューシーな甘さも重なりあい食べやすい口当たりとなっております。アーモンドクリームの上にトッピングされたフルーツであることから、アーモンドクリームの甘さプラス、フルーツの甘さ、特に桃(白桃、黄桃)からは甘味を感じるのですが、チェリーからは酸味を感じられることからただただ甘いわけではなく、甘さと酸味の強弱があることによってもメリハリのある食感となっております。コストコのフルーツ系タルトケーキは表面につやつやした光沢があるために見ているだけでも食欲をそそります。この表面に塗ってある光沢のもとはナパージュと言うもであり、フルーツディニッシュやパウンドケーキなどの表面につやを与えると同時に生地の乾燥を防いでくれる役割も持っております。なので、商品が陳列されている状態からしばらく置いておいてもいつまでもつやつやな見た目を保てくれますし、通る人の目を必ず釘づけにします。ところで、話は戻りますが、先ほどサラリとふれたモレロチェリーですが、我々日本人にとってもはあまり身近なものではないすが見た目はなんとなくアメリカンチェリー似ております。しかし、このモレロチェリーはヨーロッパ産のフルーツであり、主にルーマニア、ポーランド、チェコ、ウクライナやハンガリーで栽培されているそうです。本商品は温めて食べてもおいしいですが、冷やした冷やしたままの状態であってもおいしく食べることができるので、どちらでもおいしくいただけます。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です