コストコ 合食 エビのチリソース(220g×3袋入り)

1.合食 エビのチリソース(220g×3袋入り)

購入価格 1098円(2020年8月)
本日は、合食のエビのチリソーズ(220g×3袋入り)を購入しました。普段何気に生活している中で、ふと中華料理が食べたくなる瞬間てないでしょうか。以前に購入した「マルハニチロ あおり炒め炒飯(250g×6個入り)」や「伊藤ハム 黒酢酢豚(200g×3袋入)」もその一つでありなんだか無性に食べたくなってきます。今回購入したのは合食のエビのチリソースになりますが、もともとは中国料理の「乾焼蝦仁(カンシャオシャーレン)」、香港と台湾では「乾焼明蝦(カンシャオミンシャー)」と呼ばれているものを中華料理人の陳建民が日本で中華料理店を営むにあたり、日本風にアレンジしたものを現在のエビのチリソース、エビチリになったもと言われております。もともとの中国料理の乾焼蝦仁はとても辛い料理になっており、味付けも豆板醤をベースとした辛い味付けとなっており、日本人にはなれ親しみにくい味だったものに対して、ケチャップなどとを用いて辛みを抑えてアレンジしたものが現在我々日本人に親しまれているエビチリになったそうですが、そう考えると、日本人が好む味は甘めが多いことがよくわかります。それでは実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。味付けはとっても甘くて、エビもぷりぷりしていることから一口、もう一口と食事が進みます。チリソースもドロッとした甘みがたっぷりの中に時々ピリッと感じる豆板醤、そしてねぎも入っていることからこの2つの素材が少しだけ感じさせてくれるピリピリ感のもとになっております。あくまで少しだけのピリピリ感なので、基本的には甘くてトマトケチャップで味付けされているので甘いことから小さい子供でも食べることは可能でありますが、たまに伝わってくるピリ辛感からか、うちの子はあまり食べませんでした。使用されているエビ自身もそここまで大きいサイズではなく、一般的な3cm程度大きさのなので、以前に購入した「カークランドシグネチャー Raw Tail-off shrimp 冷凍生エビ(908g)」くらいのサイズだと思います。特に使用されてエビにも臭みや苦味が一切感じられず、またエビには殻もついていないので食べていても抵抗感なく食べれます。当然エビには衣もついていることから、しっかりチリソースが絡まっているほか、エビが衣に包まれていても全体的に油ぽくないところが食べやすい特徴になっております。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です