コストコ 千年屋 フルーツもちミックス(240g×3袋入)

1.千年屋 フルーツもちミックス(240g×3袋入)

購入価格 899円(2019年8月)
本日は、千年屋のフルーツもちミックス(240g×3袋入)を購入しました。この暑い夏が続いた日は何か涼しくなる食べ物がほしくなるものです。お菓子コーナーを歩いているとチョコレートなんかも並んでいるのですが、そんなチョコレートも食べる気分にもなれず、そんな中、ひと際目立った商品がこの千年屋のフルーツもちミックス(240g×3袋入)でした。外観パッケージの印象は単純に、餅なのになんだか涼しくなりそうなイメージがしたのでイメージだけで購入してしまいました。食品表示を見ておりましても、中身は4種類のフルーツもちがあり、ピーチもち、レモンもち、みかんもち、ぶどうもちとなっているようです。レモンもち、みかんもちなどの柑橘系の種類が多いのでもちであっても涼しそうな感じしたので、本当に直感のみの購入です。ところで、千年屋ってどこのメーカーなんだろうと思い軽くググってみたところ、(株)千年屋は東京都八王子市にあり、1984年に設立されており、梅干しやうずらの卵等を製造・卸売する会社梅干しや味付けうずら卵をはじめ、黒豆や茶葉等を製造・卸売する会社であるみたいです。その他おかきや揚げ菓子などのお菓子類、水産・農産珍味の他、ドライフルーツなども扱っており、商品の品質管理体制を整え、国内で最終製造工程を行うなど安心・安全へのこだわりを持っているのが特徴でもあります。調べたところ、 (株)千年屋のホームページには味楽乃里公式ホームページとなっているだけで、この商品を掲載されておらず、製造元は伊藤製菓(有)が行っているとのことでした。自社ブランド的な感じなんでしょうか、それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。順番にピーチもち、レモンもち、みかんもち、ぶどうもちと食べてみたのですが、全般的な総評としては、どれもしつこい甘さはなくあっさりとした甘みがあると思います。甘みがあるのは中に含まれているクリームと果実汁を含んだ濃縮果実のジェル状になった部分に一番の甘みを感じます。もちろん、もちにももち独特なうま味があるのですが、この商品のうまさの決め手はやはりジェル状濃縮果実かなと思います。口に入れた瞬間は羽二重餅の柔らかさがあり、噛んでもモチモチっとした感触は最後までかわりませんでした。そのモチモチした食感の中に濃縮果実がペースト状になっており、もちと濃縮果実が入り混じることでとってもフルーティーな味わいが口の中で生まれます。参考までに、外観パッケージ標記に、冷やすとさらに美味しいとのことだったので、一度やってみました。この商品を冷やすことについては、個人的なイメージでは餅なので固くなるのでは?っと思っていたのですが、一切固くなることもなく、とっても冷え冷えで食べれてこの夏にもってこいな味わいになりました。ものは試しで、記載とおりやってみるもんですねぇ、たった冷やすだけで異なる様相を呈するのはまさしくこのことでした。個人的にはピーチもちが一番好きかなと思いますが、理由は単純、この4種類の中で一番ピーチ味が好きだからです。果物の状態であっても一番好きなのはももであるからだけなので、深い意味はありません。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です