コストコ パン・オ・ショコラ・サヴール

1.パン・オ・ショコラ・サヴール

購入価格 998円(2019年4月)
本日はベーカリーコーナーに並んであったパン・オ・ショコラ・サヴールを購入してみました。この商品はコストコが出来できた当初から販売しておりましたが、なかなか買う機会がなく、夫婦2人生活だったこともあって、二人では食べきれないよね~と言うことでなかなか手を出さなかった商品でもあります。では、なぜ今回購入しよう!に至ったかと言うと、試食コーナーを開催していたときに、子どもが食べたいと言って食べた際にパクパクと食べていたことがきっかけでした。子供がパクパク食べる様子を見ると親としては不思議と買ってあげたくなります。夫婦2人生活の時も買おうと思えばいつでも買えたのですが、子供がいる今のような購入する後押ししてくれるものがありませんでした。そんななんだかんだで、パケッージからの外観は24個のパン・オ・ショコラ・サヴールが顔を出しております。ここで一つ商品名でググってみると、「パン・オ・ショコラは、フランスの菓子パン。南西フランスやカナダのケベック州ではショコラティーヌと呼ばれる。四角い形に成型したクロワッサン生地の中に、二筋のチョコレートだけが詰められている。フランスでは、温めながら売られていたり、注文後にオーヴンで温めてから売ってくれる。「チョコレート入りパン」という意味どおり、フランスのパン屋やスーパーマーケットではクロワッサンの隣で売られるのが普通である。朝食や午後のおやつとして定番で、学校から帰ってきた子供たちが、夕食までのおやつとして食べていたりする。」(出典:ウィキペディア)となっておりました。出身はフランスかぁ~と思いながらもいざ、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。サイズも小さくて食べやすく、簡単に食べきれてしまいます。デニッシュ系ベーカリーにでチョコチップとバターがたっぷり練り込まれている味を感じます。パリパリ、サクサクってまではないのですが、しっとりとした味わいな感じが口の中全体に広がります。ただ、オーブントースターで焼いた場合はパリパリ、サクサクになりますが、その代わりではないですが、パリパリ分がポロポロこぼれてきます。若干、脂分が多いせいか、しっとりしているのかもしれません。なので、パクパク2個、3個とはいかない感じがしました。前述でも記載した通り、フランスではおやつパンとして食べられていることから、その名の通り、3時のおやつがちょうどいいかもしれません。大きさは約7㎝角の高さが3㎝あり、外観は何層にも重なったパン生地が重なり、バター使用料の多さを感じさせるかもしれません。ためしに、輪切りに切ってみてもパリパリこぼれることはまずありませんでしたが、オーブントースターで焼いた場合は全然違い、包丁を入れたところからパリパリ崩れ落ちます。なので、好みで、パリパリ感を楽しみたい人は、オーブントースターで軽く焼いてから、しっとり感を楽しみしたい人はそのまま食べた方が良いかもしれません。是非、機会があれば一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です