コストコ LOMA LINDA ロマリンダチポトレボウルレトルトライスボウル(6パック入り)

1.LOMA LINDA ロマリンダチポトレボウルレトルトライスボウル(6パック入り)

購入価格 2298円(2022年1月)
本日は、LOMA LINDA ロマリンダチポトレボウルレトルトライスボウル(6パック入り)を購入しました。外観パッケージを見る感じ、過去に購入した「Maya Kaimal マヤカイマールオーガニックダール(レンズ豆カレー)(284g×6袋入り)」に似た感じがしたので、多分そっち系であることには間違いないとは思いつつ、ついつい挑戦したくなるのが私の性格になります。ロマリンダはアトランティックナチュラルフーズの子会社であり、1890年に設立され、130年以上もの歴史のあるアメリカの食品メーカーでもあります。植物性たんぱく質をベースとした商品を中心に展開している会社でもあり、もともとは菜食主義のキリスト教団を母体とした会社でもあります。肉の代わりに大豆や小麦などを使用した代替肉を製造しており、今で言うヴィーガン(完全菜食主義者)にあたるのかもしれません。そして本商品名でもあるチポトレはメキシコ料理の食材でもある唐辛子を燻製にしたものであり、ライスボウルと言うことからもチャーハンの中に燻製唐辛子が入っているイメージなのかもしれません。日本にいてなかなかお目にすることの少ないメキシコ料理チポトレ、それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしっ…、いや辛いです。普通に辛いですが、食べていても苦痛ではない辛さ、サルサソースの効いたタコス(参照:「チキンサケディーヤ」)を思い出すようなピリ辛感があるので食べていて瞳孔が開き、緊張感が出てきます。味自体はスパイスの効いたトマトベースのライスでありますが、大豆ミートや黒いんげん豆、コーンなどが一緒に入っているのでアクセントもあり食べていても飽きがきません。ここで少しだけ注目したのいのが本商品使用されている大豆肉。最初何気なく食べているときは鶏肉かなぁと思いながら食べていたのですが、よくよく考えていたらヴィーガン向け商品を展開している会社なので動物性たんぱく質を使用することがあるわけないので、調べていますと大豆肉と判明。何も知らずに食べていても植物性たんぱく質か動物性たんぱく質など一切わかりませんし、普通に鶏肉と言われれば鶏肉の味と食感でありました。ヴィーガ二ズムの心理まではまだまだ至りませんが、普通にこれはこれでありだと思います。ただ本商品は6パック入りでありますので、温め普通に食べるのは1パック目だけで、2パック目、3パック目はサラダなどの色合いを何か入れた方が飽きがこないかもしれませんね。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。