コストコ 日本ハム さくら鶏から揚げ(1kg)

1.日本ハム さくら鶏から揚げ(1kg)

購入価格 1098円(2021年2月)
本日は、日本ハムのさくら鶏から揚げ(1kg)を購入しました。以前に購入したことのある「日本ハム チキチキボーン(1kg)」に次いでのから揚げ商品になります。何かとから揚げがあれば重宝するのは皆さん同じだと思いますが、1週間を通じてから揚げが1度も入っていなかった日はないくらいにから揚げの需要はあります。このコロナ禍においても深刻な打撃を受けている外食業界であってもなぜか空前の唐揚げブームと言われるくらいに最近ではから揚げの専門店が次々にオープンしております。わが市でも至るところにから揚げ店ができており、職場の帰り道の県道沿いには3件(他市も含む)並んでおり、開店日には長蛇の列をなしております。一般社団法人日本唐揚協会とニチレイフーズの推計によると、日本のから揚げ消費量は年間220億個を超えると言われており、鶏から揚げは国民食と言って過言ではありません。今回購入したさくら鶏から揚げはあのさくらどり(参考:「さくらどり国産手羽中(2.4g)」、「さくらどり国産手羽元(2.4g)」)を使用しており、今ではさくらどりのファンとなっております。さくらどりの製造会社である日本ホワイトファーム(株)は、日本ハム(株)100%出資の会社であることと業界1位であることからも味に間違いはありませんし、安心感もあります。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。から揚げがとても柔らかくてジューシーであり、しょう油ベースににんにく、しょうがほんのり漂う仕上がりになっております。商品の味からわかるようにむね肉を使用しており、から揚げ自体2度揚げされていることからも温めたあとでもサクサク感はあります。過去に購入したことがある「CP若鶏の竜田揚げ」にも近い感はあるものの、やはり本商品の方が日本人向けに味付けされていることや、ジューシー感が強いような気が食べていて感じました。食べていてもそこまでにんにくの香りは強くないのですが、むね肉を使用していることからももも肉ほどは油気は少なく、食べ盛りの子供にとっては物足りない感はあるかもしれませんが、その代わりに1つ1つが肉厚であることから十分食べ応えはあると思います。外観パッケージには3つの調理方法が記載されておりますが、オーブントースター調理、電子レンジ調理、フライ調理となっておりますが、我が家では時短の関係上、フライ調理はまず行いません。電子レンジ調理では500W~600Wで3個で40秒、5個で1分10秒の調理時間となっており、1番の時短作戦になるとは思われますが、個人的には時間がある場合、オーブントースター調理で仕上げる方がよりジューシー感があるのではないかと思います。調理時間は6分間です。それでは、みなさん機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です