コストコ Glorious Foodies グローリアスフーディズハルーミチーズフライ(750g)

1.Glorious Foodies グローリアスフーディズハルーミチーズフライ(750g)

購入価格 2188円(2020年11月)
本日は、Glorious Foodies グローリアスフーディズハミールチーズフライ(750g)を購入しました。冷凍食品コーナーを歩いている日本ではあまり見かけない外観パッケージについつい足が止まり、商品を手に取って見てみるとフライにしてある細長いものが描かれておりました。以前に購入したことのある「Rodeo Joe’s モッツァレラチーズスティック」にも似た感じもしますが、若干違うような…、ただ間違いなく言えることは両者ともにチーズをフライにしている商品であることには間違いないようです。ハルーミチーズはキプロス原産の伝統的なフレッシュチーズのことであり、熱に溶けにくいチーズだそうです。このハルーミチーズは羊の乳を使用することが基本となっており、羊乳か山羊乳を使用しており、キプロスで牛乳のみで製造するチーズはハルーミチーズにはならないそうです。本外観パッケージからはハルーミチーズの中身まではわかりませんが、中は白いのチーズであり、見た目はモッツァレッラチーズと何らかわらないようですが、大きな違いは塩味がとてもきついそうです。ハルーミチーズは塩漬けチーズと言われているそうで、塩水を含む原液に浸されて保存しているそうです。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。んっ!?もとい、しょっぱくておいしいです。そとはカリカリですが、中がチーズなので、勝手に中とろ~んのイメージでいたのですが全く持ってイメージと違っておりました。食感として言えるのが、しっかりと歯ごたえがあるチーズ、かまぼこを食べている感覚があります。温めてもまったく溶けないチーズは初めてお目にかかりました。本商品はもともと油であげてあるものなので、調理方法しては180℃のオーブンで12~15分間加熱することもしくは、180℃の油で1分30秒~1分45秒間あげるどちらかの調理方法なのですが、我が家は当然オーブンで温めます。なので、生のハルーミチーズを直接フライパンなので温めているわけではないのですが、調べておりましたら、フライパンで温めても焼いてもまったく溶けないのがハルーミチーズの特徴だそうです。なので、仮に生のハルーミチーズをフライパンで焼いても表面だけがカリカリになって中が弾力あるもっちりチーズにしかならないそうです。本商品は油で揚げてあるだけあって、既にハルーミチーズは水抜きされているのだと思いますが、生のハルーミチーズは30分~1時間ほど水や牛乳につけて塩抜きしないととても食べれるものではないそうです。でも、いつかは生のハルーミチーズを買って調理してみたいと思います。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

加熱前
加熱後

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です