コストコ OXI CLEAN オキシクリーン(5.26kg)

1.OXI CLEAN オキシクリーン(5.26kg)

購入価格 2098円(2019年9月)
本日は、オキシクリーン(5.26kg)を購入しました。言わずと知れた本商品オキシクリーンになりますが、一度はその効果を確認したいと思い購入してみました。本商品の一番の特徴であるのが酸素系漂白剤であり、この酸素系漂白剤は過炭酸ナトリウムが主成分であり、泡のチカラで汚れを落とすところに特徴があります。一方、酸素系漂白剤に対して塩素系漂白剤がありますが、この塩素系は次亜塩素酸ナトリウムが主成分であり、滅菌に特化しております。要するに、酸素系は「汚れ落とし」、塩素系は「滅菌」と覚えておけばよいかもしれません。ただ、塩素系漂白剤の代表と言えば「花王キッチンハイター」が有名であり、私が小さい頃からある商品でもありますが、漂白力は強い反面、衣類などの繊維を痛めるくらいに強い漂白力を持っております。なので、白物には塩素系漂白剤、色物に酸素系漂白剤と使い分けたほうが良いかもしれませんが、仮に洋服が色柄物でケチャップのシミやカビ臭いにおいがある場合は無難に酸素系漂白剤を選択するほうが良いかもしれません。まずは実践へ。

2.使用感について

では、今回は普段から使用している水筒の中の汚れを取るために使用してみたのですが、とってもきれいになりました!正直、ここまでツルピカっになるとは思ってもいませんでした。毎日使っている水筒ですが、普段は水筒用スポンジを使用し、洗ったあとは水でサッと洗って乾燥させておりますが、日々水筒の中のお茶やコーヒーなどを入れておりますと段々と水筒の周りに茶渋のこびりついてきて洗剤では全く落ちなくなってきます。この茶渋ができる原因はコーヒーに含まれるポリフェノールやお茶に含まれるカテキンなどが原因となっており、ポリフェノールやカテキンが水の中に含まれる金属イオンと結びつくことにより水に溶けにくくなることによって茶渋として表面に現れてくるそうです。パウダー上の本商品を水筒の中に入れたときは特に何も起きないのですが、水をかけた瞬間にブクブクと化学反応が起こり、シュワシュワ泡立ったきたので、もっと泡立たせるためにも水筒に蓋をしてシェイクシェイクしていた溢れてきたので途中でやめましたが、手につた液体は少しヌルヌルしており、肌にこのヌルヌル感が残ります。塩素系漂白剤まではいかなくても同じ漂白剤なので気になる方はゴム手袋をした方がよいかもしれませんが、私はそこまで手荒れをしないので素手で行いました。酸素系漂白剤の良いところは、塩素系漂白剤に比べて、特有の強い刺激臭がしないところがとてもありがたいと思います。塩素系漂白剤であったらツーンと鼻に残る匂いがどうしても不快な気分になってしまうことがありますが本商品はそれが全くありません。最後になりますが、本商品を使用する際は水よりも 40~60℃のお湯溶かす方がより効果的であることがホームページに書いてあったので少しだけふれておきます。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

使用前
洗浄中
使用後

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です