コストコ ストロベリートライフル

1.ストロベリートライフル

購入価格 1498円(2020年2月)
本日は、ストロベリートライフルを購入しました。ストロベリートライフルと言えば、「ティラミス・ドルチェ」や「トリプルチーズタルト」と同様に定番中の定番商品でありますし、1年中並んでいる商品でもありますので、いつでも購入できるのでついつい後回しにする傾向にあります。ただ、この商品も1年に1回は購入してしまう鉄板商品でもありますので1年に1度の楽しみのある商品であります。外観パッケージから覗き込んでみると半分に切ってあるイチゴが真ん中に20個ほど並んでいる様子なので、1商品あたり10個のいちごを使用している感じがします。そして、表面には艶だしにしようされるナパージュがつやつやしており購入者の食欲をそそります。こちらの商品もティラミス・ドルチェ同様に容量が1500gあるので食べきれることが不安の種ですが、なんだかんだ言っても、結局は最後まで食べきっておりますので問題はないかと思っておりますが、結構冷凍庫のスペースを専用する商品になっております。トライフルはもともとイギリス発祥の商品らしいのですが、見れば見れがアメリカンなスタイルが感じられますし、甘党の私にとってはより一緒甘党熱に拍車がかかります。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。上層部はクリームたっぷりですが、内側に行くにつれてカスタードクリームがサンドされている部分とスポンジケーキが挟まっており想像以上に甘くなかったのが第一印象です。下層部に行くにつれてそんなに甘くないスポンジケーキやカスタードクリームがあるので、どちらかと言えば上層部の生クリームとナパージュ付きのイチゴの方が甘かったりする感じがしましまた。総じて、上部から下部にかけてスプーンを入れて一口で食べる方がストロベリートライフルのおいしさがあるような気もします。よく考えてみればスポンジは日本で食べ馴染んでいるふわふわなイメージをしていたのですが、思ってた以上に硬い感じがしました。普通にフォークが刺さる柔らかさではあるのですが、日本のスポンジケーキのイメージでは少し違う感じがしました。過去に購入した「ハーフシートケーキ チョコレート」のような食べている感覚に近い気がします。私も大の甘党ではありますが、さすがに1回分のストロベリートライフルを食べたただけで精いっぱいでした。2日に1回夕食後に食べるのがちょうどいい感じがしました。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です