コストコ CJ bibigoキムチチヂミの素(420g)

1.CJ bibigoキムチチヂミの素(420g)

購入価格 598円(2020年10月)
本日は、CJのbibigoキムチチヂミの素(420g)を購入しました。以前に購入したことのある「GOSEI 宋家秘伝チヂミ粉2kg(500g×4個入)」以来のチヂミですが、今回はCJのbibigoシリーズになります。CJのbibigoシリーズでは「CJ bibigo 牛骨コムタン韓国クッパの素(2人前×4袋入り)」、「CJ bibigo春雨&野菜海苔巻き」、「CJ bibigoビビンバの素3P」、「CJ bibigo 水餃子 肉&野菜」と色々bibigoシリーズにはお世話になっておりますが、今気が付けばbibigoシリーズのチヂミの素は以外にも購入したことがありませんでした。従って、bibigoシリーズのチヂミの素は初めてであり、かつオリジナルのチヂミの素を食べずにキムチチヂミの素を購入したことになります。なので、GOSEIの宋家秘伝チヂミ粉をもとに記憶をたどりますと作り方は至ってシンプルで、粉と水を混ぜて、ニラと人参を混ぜて中火で焼くだけで簡単にチヂミが出来てしまいます。個人的なアレンジ料理でシュレッドチーズ(パラパラチーズ)を入れてチヂミのもとの中に入れてフライパンで焼けばとろーりチーズ入りのチヂミになります。話は戻りますが、それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。今回は商品の味を堪能するためにまずはチーズも何も入れずに食べてみました。味はチヂミなのですが、キムチの風味ががっつりあり、食べていてもキムチチヂミだなぁーと感じられます。その名の通り、キムチチヂミなので中にはしっかりと白菜キムチが含まれており、キムチの辛さが続きますので子どもには少し辛い商品かもしれません。商品の中身はチヂミ粉80g×2個とキムチソースが2個が入っており、キムチソースは市販されている白菜キムチがそのまま入っている感じがします。チヂミ粉と水、キムチソースを混ぜればキムチチヂミの素ができ、焼き加減は中火で焼き続ければこんがりきつね色が焼き上がりの目安になります。油は多ければ多いほど、生地全体が油を含んでしまい、粘っこくなってしまうので、ライトに食べたい人は油を控えた方が良いかと思います。全体を通してですが、やはりチヂミを食べるのであれば、できるだけニラとにんじんは加えた方が全体的に味にアクセントが出て商品を楽しめるのではないかと思います。それでは、機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

加熱前
加熱後

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です