コストコ フードコート あまおうスムージー

1.フードコート あまおうスムージー

購入価格 240円(2020年3月)
本日は、フードコートのあまおうスムージーを購入しました。あまおうと言えば、以前に購入した「フードコート あまおうソフトクリーム」以来になりますが、純粋にあまおうのイチゴ(参考:「博多あまおう(250g×2個入り)」)を堪能したときはあまおうの名称の由来に納得させられた記憶が蘇ります。ご存知の方は知っておられるかもしれませんが、商品の由来は「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字を取ったものになり、福岡県発祥のこのブランドは福岡県久留米市で主に生産されるイチゴになります。果実は濃赤色でつやがあり、玉は大きめで形が整っているのが特徴の一つであり、あまおうの意味を知って食べればより一層あまおうのうまさが理解できます。あまおうの1個の大きさも約5㎝もあり、一口では食べれるサイズではないので、名称の由来通り、おおきいものであり、普段スーパーなんかで売っているいちごを買うと大抵いちごの真ん中ら辺は白くなっていて甘みもないがほとんどなのですが、あまおうはとにかくこの赤い部分が真ん中の方まで来ており、中まで甘みを感じます。あまおうソフトクリームにおいてもただソフトクリームの甘さは一切なく、どちらかと言えば、甘さ控えめな商品であり、イチゴの種のつぶつぶが口の中をたのしませてくれまし、アクセントがあっておもしろいという感想でした。今回のあまおうスムージーはどんな味かわかりませんが、まずは実食!それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。これはとっても甘さ控えめであり、あまおうソフトクリームと変わらないくらいの爽やかさがあります。飲んだあとも爽快感が続き、酸味も続き、氷のシャリシャリ感も続きます。スムージーなので粉砕された氷が粘り気を持ち、かき混ぜればかき混ぜるほど、粘り気が出でくる気がしますし、風味もあまおうの甘酸っぱさが食事の前なんかに飲むと食欲増進効果なんかもあるかもしれませんが、以前に購入した「フードコート レモネードスムージー」ほどは食欲増進効果は期待されません。ただ、レモネードスムージーよりは濃すぎる感はないので、飲み切るのにもさほど時間はかかりませんでした。スムージーを飲むためにも時たま休息する必要もあるため、若干間を置いて再び飲み始めれば少しいい感じで氷が溶けてあまおうスムージーが薄まりますので、さらに飲みやすくなります。レモネードスムージーと比較して申し訳ないのですが、なぜかレモネードスムージーは氷が溶けても薄まった感が無く、いつ飲んでも濃ーい感じが続いたので途中で何か味を変えるおやつが必要になったのを覚えております。このあまおうスムージーはそういったことは一切ないですし、時たまいちごの種のツブツブが口に入ってきては噛んではプチプチ感を楽しんでおりました。このツブツブが口に入るとあまおうがふんだんに使われているのかぁーなんて思いながら飲み進めてしまいます。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です