コストコ CUISINART クイジナートハンドブレンダー

1.CUISINART クイジナートハンドブレンダー

購入価格 3480円(2021年5月)
本日は、CUISINART クイジナートハンドブレンダー(HB-120PCJ)を購入しました。以前に購入した「CUISINART クイジナート12カップオートマティックコーヒーメーカー」と同じ製造会社であり、今回の商品はハンドブレンダーになります。もともとハンドブレンダーは持っていなかったので、その代わりにミキサーをよく使用しており、カレーの中に入れるたまねぎをみじん切りにしたり、茹でたほうれん草をペースト状にしたりするために使ったり、スムージーを作ったりとする使用方法が多かったりします。ただ、ミキサーの難点を1つ言うとすると使用後に食器を洗うのがとても面倒くさく、特にボトル部分やカッターを洗うのには大変苦労します。従来であれば、分解せずにそのままの汚れた状態からこびりつを防ぐため、使用後すぐにボトル部分に1/3程度の水と洗剤を入れ、汚れが落ちるように攪拌し、汚れが落ちるまで洗剤を泡立てる必要があります。しかし、我が家ではなぜかその都度部品を分解し、各部位をスポンジと洗剤で洗っていたことから洗うだけでも一苦労です。今回は購入したクイジナートハンドブレンダーであれば調理後の食器洗いの手間、商品自体の手軽さもあることから料理の幅も増えそうですが、使用感はいかに。それでは、実践へ。

2.使用感について

では、早速使ってみた感想ですが、手に持ったみた感じはそこまで重くなく、本体の重さとブレンダー装着した場合でも936gあることから片手簡単に操作が出来ます。今回はバナナとりんご、イチゴを使用し、プレーンヨーグルトも少し加えて、ヨーグルトミックスジュースを作ってみたのですが、とっても簡単かつスピーディーに仕上がりました。またブレンダー部分においては、カッターの周りにブレードガードで囲まれおり、かつ食材が混ざりやすいリリースホールがついていることから、粉砕しながら攪拌してくれるので仕上がり具合もいい感じに混ざり合っております。そして1番の問題である使用後のヘッド部分になりますが、アタッチメントなので簡単に取り外しが可能であり、その後は食洗器の中にヘッド部分をそのまま入れて洗浄完了。とっても簡単でかつ使用後も手間いらずでありましたが、本来ではあれば説明書の説明書に、付属の専用カップに水と洗剤を加えて調理の時と同様に攪拌して洗浄することとなっておりますが、私はどうしても細かい作業が嫌いなためにそのまま食洗器に入れちゃいました。当然、スポンジでの手洗いでもOKなのですが、私のように手間をかけたくない人は食洗器にブレンダーをそのまま入れて片付ける方が得策だと個人的には思います。また、我が家では家族が増えたこともあり、離乳の時期になればつぶす、混ぜるなどにうってつけな本商品、機会があれば、是非、一度ご利用してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。