コストコ カナダ産 三元豚スペアリブLAカット

1.カナダ産 三元豚スペアリブLAカット

購入価格 2431円(2021年3月)
本日は、カナダ産三元豚スペアリブLAカットを購入しました。「カナダ産 豚肉三元豚バラ焼肉」に次いでの三元豚の豚肉になります。三元豚と言えば、過去にもカナダ産の豚肉三元豚バラ焼肉以外にも「カナダ産豚肉 三元豚ロース薄切り用」を購入しておりますが、今回はスペアリブLAカットになります。LAカットの意味はLATERAL(横からの) CUTから来ており、あばら骨に対して垂直に切っていることからお肉に骨がついているのが特徴でもあります。三元豚については、以前の記事でももふれたことがありますが、三元豚(さんげんとん)とは、三種類の品種の豚を掛け合わせた一代雑種の豚を言うそうですが、三元豚はバランスがとれる良質な豚肉を供給するために作られているそうです。その三元豚は以下の品種からなっております。
・ランドレース種(L):繁殖に優れている。脂肪分が少なくて赤みが多い。
・大ヨークシャー種(W):繁殖い優れており、産肉性とのバランスが良い。
・デュロック種(D):肉質が良く、霜降り状になる。
以上の3品種をかけあわせた種類がLWDとなり、これを一般的に三元豚と言っております。三元豚のスペアリブLAカット、それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。今回は豚の角煮を作ってみたのですが、お肉がとても柔らかくてしっかりとした肉の脂身と旨味がありとっても食べ甲斐があります。スペアリブはベーコンとても使用される部分なので、赤身と脂身が三層に階層をなしていることから程よい赤身と脂身で味わえるお肉ではありますが、もともとスペアリブのスペア(spare)の意味は痩せた、ぜい肉がないなどの意味合いを持っているそうです。スペアリブの意味を知ると、肉が少しだけついたあばら骨の意味合いを持つことからも豚バラよりも貧相なイメージがありますが、本料理である豚の角煮のような煮込み料理やバーベキューなどでも活用されますし、個人的には煮込み料理の方が合うのではないかと思います。焼肉やバーベキューでスペアリブLAカットを焼くとどうしても脂と一緒に肉のうまみも流れ落ちてしまいますが、煮込み料理であれば味付けされた鍋の中にうまみが逃げて行かないので、料理にうまみが凝縮されます。今回は本商品スペアリブを使用した豚の角煮になりますが、ここで注意があります。豚の角煮は正確に言うと豚バラ肉を煮込んだ料理なので、本来スペアリブを使用するものではありませんが、豚の角煮として煮込んだため食べる際にはスルスルと肉から骨が取れてとても食べやすかったので豚の角煮として使用することは全然ありだと思います。実は最初に焼肉としても調理してみたのですが、食べる際に骨から肉がなかなか離れなかったので、家族みんなとっても苦労したあげく、骨に肉が残った残骸となって食べ残ってしまいました。そう考えたら豚の角煮として調理した方がフードロスが少ないのではと思った次第であります。それではみなさん、機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です