コストコ 森永乳業 クラフトスライスチーズ(チェダー&モッツァレラ)8パック(2種類×4個入り)

1.森永乳業 クラフトスライスチーズ(チェダー&モッツァレラ)8パック(2種類×4個入り)

購入価格 1428円(2021年2月)
本日は、森永乳業のクラフトスライスチーズ(チェダー&モッツァレラ)8パック(2種類×4個入り)を購入しました。過去にも森永乳業のクラフトシリーズ「森永乳業 クラフトとろけるスライスチーズ(7枚×8パック入り)」、「森永乳業 クラフトスライスチーズ(7枚×8パック入り)」を購入しましたが、今回はスライスチーズのチェダー&モッツァレラの2種類が含まれたヴァージョンになります。前回の記事でも少しふれましたが、このクラフトシリーズは2015年(平成27年)にクラフト・フーズとH.J.ハインツが合併して出来たクラフト・ハインツ社のチーズ製品を業務提携している商品に対してパッケージに「KRAFT」のロゴマークを表記してあるそうで、今回の商品もその対象となっているようです。本商品はチェダーチーズとモッツァレラチーズの2種類のチーズが4個づつ入っているみたく、外観パッケージにはチェダーチーズがハンバーグの上にとろけている状態での写真、モッツァレラチーズはピザトーストの上に置いて調理されている写真が掲載されていることから2種類の味わいが楽しめるようになっております。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。まずはチェダーチーズの方から食べてみたのですが、色の割にはクセが少なく、コクのある味わいになっております。写真の調理例通り、ハンバーグの上に置いて、温めてみたのですが、いい感じにとろけてくれるので、ハンバーグにもとてもあいます。またチェダーチーズの色がオレンジ色なので、見た目も普通のチーズよりもなんだか食欲をそそる色をしており、ハンバーガーのチーズにチェダーチーズを挟んでもとてもとてあうと思います。一番驚いたことはそのままスライスチーズ感覚で食べても問題ないのですが、個人的にはチェダーチーズがとろけている方が絵的にも好きであったりします。続いて、モッツァレラの方になりますが、チェダーよりもクセがなく、ミルキー感が強い味わいとなっております。チェダーチーズはイギリス産のチーズであることに対して、モッツァレラチーズはイタリアを代表するチーズであり、丸い形をした表面が滑らかな真っ白なチーズであります。余談になりますが、モッツァレラはイタリア語でちぎるという意味を持っているらしく、確かにモッツァレラチーズは丸い固まりで形成されていることかが多く、手でちぎったこともありますが、簡単にちぎれてくれた記憶があります。今回の調理方法として、というか、いつも通りの食べ方でありますが、無印良品から販売されているカレー(参考:「スパイシーチキンカレー」)の中に入れてチーズカレーとして食べてみましたが、スパイスの効いたカレーにミルキーな味わいのチーズを入れることによって味わいが若干マイルドな味へと変りました。ちなみに、ナンの代わりに「アダマ ピタポケットパン(95g×10枚入り)」を使用しておりますが、こちらもカレーにはおすすめの商品になります。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

チェダーチーズ
モッツァレラチーズ

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です