コストコ Fentimans フェンティマンスマンスローズレモネード(200ml×12本入り)

1.Fentimans フェンティマンスマンスローズレモネード(200ml×12本入り)

購入価格 977円(2021年2月)
本日は、Fentimans フェンティマンスマンスローズレモネード(200ml×12本入り)を購入しました。以前に購入した「Fentimans フェンティマンスキュリオスティーコーラ(200ml×12本入り)」に次いでの商品になります。以前の記事でも紹介しましたが、私はとにかくコーラが好きで、今でも必ずといってよいほどコーラを購入しており、暑い夏の日には毎日のように自販機でコカ・コーラを買っておりました。前回購入したフェンティマンスキュリオスティーコーラはイギリス版のコカ・コーラであり、100年以上の歴史がある醸造飲料メーカーが製造している商品になります。日本コカ・コーラは1957年(昭和32年)に日本飲料工業株式会社(日本コカ・コーラ株式会社の前身)として設立しており、64年の歴史であるのに対して考えると100年以上の歴史あるとなるとフェンティマンス社の歴史の深さがわかります。今回の商品はローズレモネードとなっており、外観から見てもきれいなピンク色をしており、この鮮やかなピンク色を見ているだけでもインテリアのようでオブジェとして絵的に映えます。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口ゴクリ。う~ん、おいしいです。バラの香りがほんのりするレモネードになっており、キュリオスティーコーラとは180度味が異なります。前回飲んだキュリオスティーコーラのイメージが残っていたので、コーラにほんのりレモネードの味がするのだろぉと勝手に想像していたのですが、全く違う飲み物でした。とてつもなく甘いものではなく、むしろ大人向けの酸っぱさで、そこまで甘くない仕上がりになっております。このローズの香りはブルガリ産のカザンラクのバラ抽出エキスであり、その他にも濃縮洋ナシ果汁や天然の発酵ショウガエキスなどが入り混じっているので一般的なイメージされるレモネードとは大きく異なります。一般的なレモネードと言ったら、レモンスカッシュのようにレモン果実にシロップや砂糖もしくははちみつなどを入れて甘味をつけて冷水もしくは炭酸水で割ったものをイメージするかもしれませんが、ほぼほぼ甘みがないのでどちらかと言えば香りなどの風味を楽しむ感じに近いのかもしれません。飲んでいても日本人の我々にはあまり馴染みのある味ではないので、本商品を飲んでみると新たな世界観が生まれるまもしれません。機会があれば、是非、一度ご試飲してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です