コストコ CJ bibigo韓国海苔フレーク(50g×4袋入り)

1.CJ bibigo韓国海苔フレーク(50g×4袋入り)

購入価格 1198円(2021年2月)
本日は、CJ bibigo韓国海苔フレーク(50g×4袋入り)を購入しました。CJのbibigoシリーズと言えば必ず購入しておりますが、今回は韓国海苔になります。韓国海苔と言えば以前に購入した「カークランドシグネチャー 韓国味付海苔(36枚×10袋入り)」を思い出しますが、本商品は前回と異なりフレーク状になっていることからもふりかけのようにご飯にかけて食べることとなります。以前の記事でも少しふれましたが韓国海苔食べたことのある方ご存じかと思われますが韓国海苔には表面にごま油などが塗ってあることから常時ベタベタした感覚がありますが味は抜群においしいです。また、韓国海苔の特徴としてごま油以外にも適度な塩がふってあるとことから日本の味なし海苔もしくは日本の味付け海苔と比べると抜群に風味があります。そして韓国の海苔の原料と日本の海苔の原料を比べる韓国海苔はオニアマノリやイチマツノリ、シクツアマノリが主流であるのに対し、日本海苔のアサクサノリやスサビノリが主流であったりします。日本では岩のりともよく知られているオニアマノリやイチマツノリは加工の過程で海苔をすいたときに空洞ができてしますで日本では板状にはしませんが、本商品はフレーク状という事で関係はないかもしれません。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。ゴマの風味に加えてコクのあるしょう油の風味もあることからご飯がパクパク進みます。もともと私自身ご飯をパクパク食べる方ではないので必ずご飯を食べるときにはふりかけなどの何かをかけて食べますが、本商品をご飯にかけることによって海苔フレークのサクサク感とコクのあるしょう油ゴマ風味がご飯と相まって食がとっても進みます。いつも韓国海苔を食べて感じるのは海苔にゴマ油がべっとりかかっているのになぜかサクサク感があり、食べながらなぜだろうと思っておりました。韓国海苔は製造過程において200℃の高温で焼き上げていることもあることからサクサク、パリパリ感を再現でき、ゴマ油にコーティングされているもサクサク、パリパリ感が継続できることころが韓国海苔のすごいところでもあります。カークランドシグネチャーの韓国味付海苔は板状でありましたが、本商品同様にゴマ油でうっすらコーティングされておいるのに食べたらサクサク、パリパリ感があることからいつ食べても感心させされます。本商品CJ bibigo韓国海苔フレーク、機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です