コストコ CJ bibigoクリスピーチーズハットグ(6本入り)

1.CJ bibigoクリスピーチーズハットグ(6本入り)

購入価格 948円(2021年1月)
本日は、CJ bibigoクリスピーチーズハットグ(6本入り)を購入しました。いつもとおり、CJのbibigoシリーズの新商品が陳列されていれば無条件にカートに入れて購入してしまう今日この頃が新商品であればとりあえず必ず購入しております。直近では、「CJ bibigo海鮮ニラチヂミ(8枚入り)」や「CJ bibigo冷凍白菜キムチ(60g×10個入り)」を購入して家でプチ韓国気分を味わっております。以前の記事に書いたことがありますが、2002年に初めて韓国旅行に行ったときに食べなれない量の食事が出てきたときにはえっ、これ全部食べるの!?と思ったことが今でも懐かしいです。韓国人の文化には食事を残すのが基本であり、逆に残さないと、食事の量が足りませんでしたか?という考えがあるようです。今回購入したチーズハットグはいわゆるホットドッグ(アメリカンドッグ)であり、我々日本人も食べ親しみなれた商品にでありますが、唯一違うところは商品名にもあるように中にチーズが入っているところでしょうか。一般的なホットドッグであれば中にソーセージのみという感じになっておりますが、チーズが入っていることで味にどのような変化があるでしょうか。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。これは画期的な商品です。ひとかじりしたらモッツァレラチーズの濃厚な味とビヨーンと伸びる弾力性があり、まさに一時期テレビで見たことのある日本の韓国と呼ばれる新大久保で食べるチーズハットグの姿まさにそのものでした。チーズハットグと商品名になっていたころから単純に、ソーセージの代わりにモッツァレラチーズが入っているのかと思っていたのですが、食べ進めるとなんと下層部には魚肉ソーセージが現れて2度ビックリさせられました。ソーセージ部分は普通のソーセージと思いきや魚肉ソーセージとなっており、子どもも喜ぶ商品に仕上げている感じがします。また、生地自体がサクサク、カリカリにする中にももちっり感があるのは24時間低温熟成した生地のたまものであるのかもしれません。また、食べ進めていると時たま感じるどこかほのかな甘い味を感じるのですが、生地の中に練りこまれたほんのり甘いメープルシロップの隠し味があり、このような仕掛けが子どもから学生、大人までもが楽しめる作りになっているのではないかと思います。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です