コストコ CJ ダシダ牛骨コムタンスープ240g(20g×12個入り)

1.CJ ダシダ牛骨コムタンスープ240g(20g×12個入り)

購入価格 788円(2021年1月)
本日は、CJ ダシダ牛骨コムタンスープ240g(20g×12個入り)を購入しました。本日はダシダシリーズの牛骨コムタンスープですが、以前に購入した「CJ bibigo 牛骨コムタン韓国クッパの素(2人前×4袋入り)」でビビゴシリーズになります。私も当初ダシダシリーズとビビゴシリーズの違いがよくわからなかったのですが、ダシダは韓国の調味料シリーズであるのに対し、ビビゴシリーズは韓国の伝統的料理シリーズと思っていただければよいかと思います。以前の記事に書いたのですが、私が初めて牛骨コムタンスープでつくられた料理を食べたのがテールスープクッパであり、牛のしっぽを入れたスープであります。20代で韓国系焼肉屋さんで食べて以来、このテールスープクッパの虜であり、このテールスープクッパのうまさの秘訣が牛骨コムタンスープにあります。コムタンは韓国の代表料理のひとつでもあり、牛肉・内臓等を長時間煮込んでつくるシンプルな料理であり、長時間かけて煮だすという意味合いがコムタンに含まれているそうです。本商品は、牛骨コムタンスープのダシだけになるので、料理の合わせ技が必要になってきます。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口ゴクリ。う~ん、おいしいです。今回は少しアイデアが浮かばなかったので、普通にラーメンのダシに入れて食べて見たのですが、意外にラーメンとも相性が良かったです。ただ、この牛骨コムタンスープが合うのはやはりご飯系かと思いますし、一番あうのがクッパかなと個人的には思います。クッパは韓国料理の一種で、スープと飯を組み合わせた料理であり、日本でいうおかゆに近いかもしれませんが、おかゆほどトロトロになるまで煮込んでないのでスルスルと食べやすい料理になっております。なので、以前にも購入した「CJ bibigo 牛骨コムタン韓国クッパの素(2人前×4袋入り)」のイメージが強いこともあって、ラーメンというよりかはご飯なイメージがありました。本商品を開封したときのダシの色は茶色をしているのですが、スープにして伸ばしたら、白濁した白いスープに変わったので驚きですが、もともとの薄目ないスープは濃厚な茶色をしていることが本商品を購入したわかりました。冬の時期には鍋スープの素として使用することもあり⑫したが、1個の牛骨コムタンスープ(20g)に対して水250mLが必要となってきますので、1回鍋をするのに3個ほど使用しますることがありました。鍋の素に利用したダシダ牛骨コムタンスープは以外にも早く消費しますし、我が家でも好評でありました。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です