コストコ プロフィットロールデザート

1.プロフィットロールデザート

購入価格 998円(2020年12月)
本日は、プロフィットロールデザートを購入してみました。外観パッケージを覗き込むとミニシュークリームがゴロゴロと入っており、下層部にはチョコレートムースが敷き詰められているようです。新商品のポップを見ていると、プロフィットロールとはフランス語で小さなシュークリームと言う意味らしくこのシュークリームの中にはシャンティホイップ入りとの記載がされております。その他にも明らかにわかるのがホワイトチョコレートとがちりばめており、キャラメルソースとチョコソースが交互に絡みあっており、普段我々日本人が生活していてもまず見かけることがない様相を呈しております。ミニシュークリームならミニシュークリームだけで食べますし、チョコムースであればカップケーキの中の一層部分に使用してあったり、はたまたチョコムースだけでも販売されていることがあります。そう考えると、フランスのデザートは画期的というか、斬新というか色々なもスイートを混ぜ合わせ、一つの商品を作り上げる文化があるのかもしれません。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。ミニシュークリームが意外にも柔らかく食べた瞬間から中からシャンティホイップクリームがはみ出してくるのと同時にチョコムースを一緒に食べることによって濃厚な味わい甘さがあります。全体的にチョコムース、キャラメルソース、チョコソースが相まってチョコレートのコクが感じられ、チョコレート感が強いかもしれません。ただ、ミニシュークリーム(プロフィットロール)単独で食べればシュークリーム感は否めませんが、せっかくチョコムースとセットになっている仕上がりなっていることからミニシュークリームからチョコムースまでワンセットで食べないといけないのかなと思いついつい一緒に食べてしまいました。なので、ミニシュークリーム単独で食べればシャンティーホイップクリームの濃厚さを感じられますのでとってもミルキー感がありますし、シャンティーホイップクリーム食べていてもし濃厚さに圧倒されます。ちなみにシャンティーホイップクリームとは、乳脂肪20%のホイップクリームを使用しており、普通は乳脂肪分が18%未満のものを生クリームと呼んでいることからもわかるようにシャンティーホイップクリームの濃さがわかります。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です