コストコ 竹本油脂 純正胡麻油(1650g)

1.竹本油脂 純正胡麻油(1650g)

購入価格 1498円(2020年6月)
本日は、竹本油脂の純正胡麻油(1650g)を購入しました。どの家庭でも料理の必須と言えるのが油ですが、我が家においては基本的にオリーブオイル(参考:「カークランドシグネチャー テラディバリオーガニックエクストラバージンオリーブオイル(916g)」)を使用ております。しかし、揚げ物にはサラダ油、菜種油を使用し、そして餃子や中華料理など味に風味をつけたいときはごま油を使用します。ごま油を使用する理由は、なんと言っても料理に対して風味付けを行うためにももっとも最適な油でありますし、ごまの香ばしい香りをかくだけでも食欲が出てきてしまいます。普通のサラダ油や菜種油、オリーブオイルなどと比べると若干色が濃く茶褐色をしているのが特徴的でもありますが、その理由としてはごまを煎ってから油に加工を行っていることからあのような濃い茶褐色をしているそうです。本商品を製造している竹本油脂株式会社は愛知県の蒲郡市(がまごおりし)に本社を置くごま油および界面活性剤を製造する企業であり、1725年から創業しており、現在まで296年、約300年弱の歴史がある老舗中の老舗であります。現在の社名である竹本油脂株式会社になったのは1945年となっておりますが、それでも76年と歴史と戦後の日本の歩みとともに会社を成長されている会社でもあります。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。今回は餃子および中華炒めに本ごま油を使用しましたが、とにかく味にごまのおいしい風味が出て料理を一層よりおいしいものに仕上げてくれます。基本的には餃子、中華炒めなどの味を損なせないのですが、最後にほんのりごまの風味を楽しませてくれる感じになっておりさりげなくわき役に徹してくれ、なおかつ存在感を主張するそんな味です。俳優の向井理さんがマルホン胡麻油のCMで紹介していた商品も実は竹本油脂で製造してい商品であり、そのほかに「太白胡麻油」と言う商品もあるそうですが、こちらは同じごま油であってもごまを一切煎ることを行っていないことから油自身の色が普通のサラダ油や菜種油などの黄土色よりもさらに薄い黄色をしており、これをみるとごま油って煎れば煎るほど色が濃くなるのことが理解されます。ごまにはもともと食物繊維やポリフェノールも豊富に含まれていることから活性酸素を抑えてくれる働きがあり、老化防止や癌の予防に効くとも言われております。その他にも肝機能の向上につなげてくれてことからアルコールの分解機能を高めてくれますので、飲んだ次の日にはカラダの機能を助けてくれる働きがあります。そんなごま特有の効果が含まれたごま油、機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です