コストコ ケロッグハーシーズ チョコビッツ抹茶ホワイトチョコレート(280g)

1.ケロッグハーシーズ チョコビッツ抹茶ホワイトチョコレート(280g)

購入価格 288円(2020年11月)
本日は、ケロッグハーシーズのチョコビッツ抹茶ホワイトチョコレート(280g)を購入しました。本商品はケロッグとハーシーのコラボ商品となっており、どちらもの商品もコストコでお世話になっております。ケロッグと言えば、以前に購入した「ケロッグ バラエティボックス(20個入)」や「ケロッグ コーンフロスティ(395g×3個入り)」を購入しましたし、ハーシーズと言えば、「ハーシーズ クッキーアンドクリーム クランチャーズ」を購入しました。本商品はシリアルコーナーの食品売場で発見したのですが、値段も288円ととても破格な値段で販売されていたのでついついカートに入れてしまったのですが、ただ外観パッケージの絵的な部分を見るとココアクランチの中に抹茶ホワイトチョコレートクリームになっており、今まで見てきたシリアルの中で一番シリアル感がないのではないかと思います。そのままでもおいしい!ともパッケージに書かれていることから推測するに、必ず牛乳をかけて食べる必要性はないと判断。また、パッケージにロカボマークがあることから一般社団法人 食・楽・健康協会の商品取得をされており、おいしく楽しく適正糖質=ロカボという意味を示しております。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。ポリポリポリとおやつ感覚で食べれます。甘さもほんのり甘くてココア風味のクランチの中に、さらに抹茶ホワイトチョコレートクリームに入っていることから和と洋の甘さを同時に堪能できる和洋折衷のシリアルになります。個人的にはシリアルと言うよりもお菓子感の方が強い感じがしますし、ロカボマークがあることから安心プラス、保存料、着色料不使用ということからより安全性が確保されていることがわかるのでたくさん食べても大丈夫!という勝手な安堵感がうまれなんだか止まらなくなってきます。あくまで本商品はシリアルなので牛乳に浸して味わってもみたのですが、やはりそのまんまでスナッキング感覚で食べる方が向いているのではないかぁー個人的には思っております。一般的なシリアルみたいに牛乳をかけて食べると、牛乳で浸したシリアルにコーティングされた砂糖などが溶けだして牛乳がとても甘くなり、最後の牛乳が甘くておいしかったりするのですが、本商品はシリアルを砂糖でコーティングされていないので、牛乳に浸しても一切甘くなく、ただただ牛乳の水分を吸ってふにゃふにゃなっただけって感じでした。サクサク感も無くなりますで、しけったお菓子になるだけだったので、食べるのであればそのままもしくは、パフェやアイスなどにトッピングする程度が一番おいしいのではないかと思います。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です