コストコ ペストジェノベーゼペンネ

1.ペストジェノベーゼペンネ

購入価格 1280円(2020年6月)
本日は、ペストジェノベーゼペンネを購入しました。過去の記事(参考:「きのこクリームペンネ」「海鮮めんたいペンネ」「レッドアルフレッドチキンペンネ」)でも何回か紹介しましたが、我が家はみんなペンネ好きであり、ペンネを買って失敗したことは一度もありませんでした。ペンネ自体下茹でしてあるので、電子レンジ500Wで10分~15分温めただけで簡単にできるのでコストコ帰りのその日のうち食べてしまうのが我が家の日課でもあります。ただ、娘がホットプレートで温める作業がとても好きなのであえて電子レンジは使わずに娘が一所懸命かき混ぜあとにみんなで食べているのが正確かもしれません。話は戻りますが、今回のペストジェノベーゼペンネになりますが、外観パッケージを覗き込んでみた感じからプチトマトとモッツァレラチーズ、角切りベーコン、バジルペースト(ジェノベーゼソース)で色づけされたペンネ、そして最後に全体を覆い隠すほどのシュレッドチーズが所狭しとちりばめられております。ジェノベーゼと言えば我々日本人は緑のパスタを想像するかもしれませんが、本場イタリアにおいてはひき肉と玉ねぎで炒めた茶色のソースだったりするそうです。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。バジルとチーズ(モッツァレラチーズ、シュレッドチーズ)が絡み合いとても香ばし味になっておりますが、香りはバジルでありなが主体はチーズな感じがしました。ただ、角切りベーコンの塩っ気とうま味もあり、ペストジェノベーゼペンネにとてもあっており、この角切りベーコンが入っていないとちょっと物足りない仕上がりなるかもしれません。なので、この角切りベーコンは本商品に必須と言っても過言ではないくらいの意味合いをもっていると個人的には思っております。少しだけ違和感があったことがあり、それはいんげんが入っていたことです。商品が陳列してあったときは下の方に埋もれていたせいか全く持っていんげんの存在がわからなかったのですが、炒めているときにふと気が付きました。お皿に盛った際にもバジルペーストで全体が緑色をしているので違和感なくいんげんが溶け込んでいるのですが、どこかこのイタリアなペストジェノベーゼペンネには似つかない雰囲気を持っておりました。妻とも話していた際に日本人向けにアレンジされているのではないか?などと一家団らんしておりました(笑)。それでは、機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です