コストコ CJ bibigo本格プロの味プルコギたれ(840g×2本入り)

1.CJ bibigo本格プロの味プルコギたれ(840g×2本入り)

購入価格 848円(2020年10月)
本日は、CJのbibigo本格プロの味プルコギたれ(840g×2本入り)を購入しました。何気によく購入するようになったCJのbibigoシリーズ。最近では、「CJ bibigoキムチチヂミの素(420g)」を購入したのですが、過去にもCJのbibigoシリーズを何度か購入されていただいております。その中でもずーっと気になっていた本商品プルコギたれなのですが、目的はこのプルコギのたれでコストコデリカの定番プルコギビーフを作ってみることにあります。意外にも中々挑戦していなかった家庭作プルコギビーフなのですが、ついついデリカのプルコギビーフに手が伸びてしまうことと、自作で料理すると必ずと言っていいほど失敗することが多いことにあります。なので、最近では失敗しないためにも出来合いの商品を購入することが多くなってきているのですが、最後にプルコギを食べたのが「フードコート プルコギベイク」になります。本商品の食品表示を見ておりますと、梨ピューレやりんごピューレとなっていることからプルコギが甘い秘訣はこの果実類が含まれていることに納得しました。当然砂糖の甘さもあるのかもしれませんが、プルコギの甘さの中心は果実の甘みであったことを考えると自然由来のものであることに安心を覚えます。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。今回は豚バラ(参考:「カナダ産 豚肉三元豚バラ焼肉」)をベースにプルコギたれで味付けしたのですが、牛肉でなくてもとってもあいます。食品表示とおりににんじん、玉ねぎ、しいたけ等を入れプルコギチャプチェをやってみたのですが、まさしくデリカのプルコギビーフになっております。商品は蓋を開けるとすべてが注ぎ口であるためかなり広めの口になっておりますので注ぐ際には注意が必要となるのですが、調理の前に事前にお肉に下味をつけるために本商品を結構使うのですが、その際にはこれくらいに注ぎ口が大きいほうが料理の下味作業に適していると思います。たれの味はなめてみるととっても梨ピューレやりんごピューレのとっても甘い味わいがありますが、にんにくの香りもしっかりとありますので商品自体はにんにくにおいが先行します。調理をする前には30分程お肉を漬け込む作業があるのですが、1回目は早く本商品を使用したプルコギチャプチェを食べたかったためお肉の漬け込みを割愛したのでですが、2回目にプルコギチャプチェを作ったときは30分以上漬け込みを行ったの結果、味にも雲泥の差が出てきます。従って、調理をする際には必ず30分以上お肉の漬け込みを行うことをお勧めします。それでは、機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です