コストコ ユニ・チャーム マミーポコパンツドラえもんビック(12~22kg)114枚(38枚×3袋入り)

1.ユニ・チャーム マミーポコパンツドラえもんビック(12~22kg)114枚(38枚×3袋入り)

購入価格 2358円(2020年6月)
本日は、ユニ・チャームのマミーポコパンツドラえもんビック(12~22kg)114枚(38枚×3袋入り)を購入しました。コストコでは過去にも「P&G パンパースパンツタイプL(58枚×3個入り)」を購入したことがあるのですが、その他にも花王のメリーズ、ユニ・チャームのムーニー、エリエールのグーン、ネピアのゲンキなどいろいろある中では、我が家ではP&Gのパンパースを利用することが多かったりします。P&Gはアメリカ合衆国の企業で世界最大の一般消費財メーカーであるプロクター・アンド・ギャンブル社の略称がP&Gであり、また商品のパンパースとは、「pamper」を日本語に訳すと「甘やかす、ほしいままにさせる」という言葉から由来しているそうです。パンパースは使い心地がとても良いのですが、唯一の難点はおしっこしたあとにおむつから独特のにおいがするところにあります。この独特のにおいがするのはおむつの原材料にあるらしく、このにおい自体には製品の安全性に全く問題はないそうです。今回は競合他社のユニ・チャームの商品マミーポコになりますが、使用感はいかに!?それでは、実践へ。

2.使用感について

まずは、使用して感じたことはおしっこの吸収量が多いところにあります。高吸収ポリマーによって最大12時間吸収を実現でき、同社商品のムーニーのおしっこ吸収量に匹敵します。吸収量は多いもの、その分濡れている感じが一番わかりやすく長時間の着用は子どもが嫌がるかもしれません。寝るときに本商品を着用しているのですが、うちの子も濡れている感覚が嫌なのか、おしっこをしたあとはおむつを替えてと言ってきます。参考までにおしっこしたあとにテッシュを当ててみたのですが、テッシュは濡れてしまったので、肌に濡れた感覚が伝わってくるので気になる子は嫌がるかもしれません。あと、フィット感からの側面ではゴムが3本入っている部分についてはしっかりと伸び縮みしますが、おしりのフィット感はなく、ダボついた感がありました。最近ではパンツタイプのおむつばかりなのでまずおむつを破くことはなくなりましたが、本商品のレビューを書くために少しだけ昔の感覚でおむつを破いてみたのですが、パンパースよりも若干硬い気がします。おむつの紙質がごわついていることもあるのか破るにも影響を与えております。ただ、他社と比べると値段が若干安いためその分、紙質の価格を抑えているのかもしれません。機会があれば、是非、一度ご利用してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です