コストコ 東洋冷蔵 ボイルベビーホタテ(1kg)

1.東洋冷蔵 ボイルベビーホタテ(1kg)

購入価格 2098円(2020年6月)
本日は、東洋冷蔵のボイルベビーホタテ(1kg)を購入しました。1kgのホタテですが、なかなか購入する機会がなかったのですが今回は思い切って購入してみることにしてみました。今までなかなか購入できなかった理由はとっても簡単で、単純にホタテ料理のバリエーションがないからです(笑)。ホタテの定番料理でもないですが、ホタテのバター醤油やホタテの炒め物、ホタテのクリームパスタなどのようにあればあったになるけれどもなければなかったになるのがホタテに対する我が家の価値観です。どちらかと言えば、お寿司屋さんに言ったときに生のホタテがのったお寿司を選んだりすることはありますが、今回の商品はボイル済み。なので、料理としても限られた中でのホタテ料理になりますので、どちらかと言えば炒め物に入れるか、炊き込みご飯に入れるか、パスタに入れるか、シチューに入れるか、カレーに入れるか、と入れるか料理になってしまいます。昔、北海道に旅行に行った際に生のホタテや貝がついたままバター焼きしている様子などが当たり前のように見受けられましたが、調べたところによりますと、北海道はホタテ貝の漁獲量が全国1位で消費量が2位となっているそうです。道理であんなに至る所ホタテが並んでいたかが納得できます。参考までに、消費量が1位が青森県と3位が岩手県となっており、北海道や東北地方ではホタテの漁獲量および消費量が北陸地方とは全然違うことに驚かされました。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。いつもとおり最初は食品の生の味を味わうために解凍後そのまま食べてみました。商品名とおりボイルしてありますので、解凍後はそのまま食べれますし、コリコリした歯ごたえとしょっぱいと思いきや甘みも十分まります。ボイルとなっておりますが、スチームの蒸気で加熱調理されているらしく、正確に言う蒸しホタテになるのかもしれません。サイズも直径4~5センチで厚みが2センチ程度なので、料理に入れる際には本商品をふんだんに入れた方が食べ応えがあると思います。今回はシチューに本商品のボイルベビーホタテを入れて食べてみたのですが、お肉を入れずにシーフードシチューにした方がホタテのうまみを行かせると思います。実はホタテにはタウリンや亜鉛、ビタミンB12などが豊富に含まれており、疲労回復にとても効果的な食材であったります。また、ビタミンB12は悪性貧血予防に効果的であり、亜鉛は味覚障害を予防したり、抜け毛を防ぐ効果などあったりするので摂取するだけでもカラダの健康状態をキープするのにとっても効果があります。それでは、機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です