コストコ ボンヌママン ブルーベリージャム(750g)

1.ボンヌママン ブルーベリージャム(750g)

購入価格 848円(2019年10月)
本日は、ボンヌママンのブルーベリージャム(750g)を購入しました。2015年8月22日に射水倉庫店(富山県射水市)がオープンして以来、当たり前に購入し続けていた本商品ですが、意外にも当たり前過ぎてレビューをしていなかったので今回はあらためて記事にしてみました。以前に購入した「ボンヌママン ストロベリージャム(750g)」も割と購入率は高いのですが、総合的に考えたらやはり7割近くはブルーベリージャムを購入していることに今回気がつきました。私個人的にもジャムと言えば、ブルーベリージャムなのですが、どうやら我が家では、みんながジャムと言えばボンヌママンのブルーベリージャムのイメージがあるらしく、娘に聞いてもストロベリージャムよりもブルーベリージャムが好きと回答を得ています。みんなが本商品のブルーベリージャムが好きで朝食のパンに塗るのはもちろんのこと、ホットケーキ(参考:「キアラピュアフーズ オーガニックパンケーキミックス(325g×3個入)」)、そして妻はおかし作りなどにも当たり前のように使用しております。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。今回はヨーグルトに混ぜて本商品の味を味わってみました。ストロベリージャム同様にしつこい甘さではなく、甘いけど食感が軽く食べていてもクセになります。ところどころにブルーベリージャムの果実が含まれており、ブルーベリージャムの果実に当たれば食感もありアクセントになり食べていても楽しくなります。前回ストロベリージャムでも少しふれましたが、ボンヌママンはフランスが発祥で、特徴的なのが、蓋のギンガムチェック柄にあります。見ているだけでもとってもおしゃれで、使用後の空き瓶もタッパの感覚で使えます。このボンヌママンのジャムはブルーベリージャムとストロベリージャムしかなかと思いきや、たくさん種類があったりします。ストロベリーとブルーベリーはもとより、オレンジマーマレード・アプリコット・カシス・マロンクリーム・ラズベリー・ミルク・イチジク・チェリー等の種類がありますが、コストコで販売されているのストロベリー・ブルーベリーしかみたことがありません。本商品は一切保存料、着色料は使っていないことから安心して食べることが出来ますし、賞味期限も1年半ほどありますので開封後もゆっくり使用できます。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です