コストコ メリタ コーヒーフィルター(100枚×3個入り)

1.メリタ コーヒーフィルター(100枚×3個入り)

購入価格 598円(2020年5月)
本日は、メリタのコーヒーフィルター(100枚×3個入り)を購入しました。我が家では朝コーヒーを作るのが私のルーティーンであり、必ずコーヒーを1杯飲んでから仕事に出かけるのが日課となっております。コーヒーをつくるのに必ずといっていいほどに必要なのがコーヒーフィルタでありますが、よく使用するのがUCCのコーヒーフィルターになりますが、真っ白な漂白タイプのコーヒーフィルターになります。私が物心ついた頃には親がつくるコーヒーのコーヒーフィルターは真っ白だったこともあったことから、コーヒーフィルターは白いものだと思っておりました。しかし、白いコーヒーフィルターは漂白剤を使用し、フィルターを白くしているだけで、もともとは茶色をしていることを最近知りました(笑)。今回購入したメリタのコーヒーフィルターは茶色い色をしておりますが、再生紙を製造する材料をしておらず、牛乳パックなどに使用されるバージンパルプを使用し本コーヒーフィルターを製造しているそうです。それでは、実践へ。

2.使用感について

では、使用感については至って普通であります。これと言ってコーヒーの味がおいしくなるわけでもなく、UCCのコーヒーフィルターと差があるか言うと特別な違いありません。ただ、アロマジックシリーズの1つの特徴であるアロマホール(=香りの穴)を製品に組み込んであり、コーヒーフィルター表面に小さな穴が開いております。この小さい穴は同じコーヒー豆であっても、豆の特徴とおいしさを一段と際立たせることが可能となり、この製造方法で特許を取得しております。また、本製品のもう一つの特徴である二重シールの採用でありますが、コーヒーフィルターの大切な接合部分が本来は一重であるの対し、二重にすることによってもれにくく破れにくいためフィルターのフィット感も高まってより一層効果的なおいしいコーヒーの抽出が可能となっております。当然、接着剤などのような身体に害のあるものは一切使用しておりませんので安心して使用できるコーヒーフィルターのメーカーであります。あまり聴きなれない本商品のメリタでありますが、ドイツに本社を置くコーヒー機器の総合メーカーであり、ペーパードリップシステムを発明したメリタ・ベンツによって1908年に創業されました。事業はペーパーフィルターの生産から始まり、コーヒーをはじめとする食品関連用品に展開し、日本においてはメリタ・ジャパン株式会社が支社業務を行っておりますが、メリタ・ジャパン株式会社も1974年に設立して以来46年の歴史があることからも意外にも歴史はあります。機会があれば、是非、一度ご利用してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です