コストコ IGOR クランブルゴルゴンゾーライタリアンブルーチーズ(170g×2個パック入り)

1.IGOR クランブルゴルゴンゾーライタリアンブルーチーズ(170g×2個パック入り)

購入価格 838円(2020年5月)
本日は、IGOR クランブルゴルゴンゾーライタリアンブルーチーズ(170g×2個パック入り)を購入しました。皆さんブルーチーズって食べたことありますか?私は15年程前に一度食べたことが初めてこのチーズを食べたときは衝撃を受けました。きっかけは友人宅に招かれた際にビールのおつまみと一緒食べたのがきっかけになるのですが、ブルーチーズってここまでクセがあるの!?と思うくらいに、衝撃の味ショックを受けました。最初に軽くビールを飲んでいたことと、ブルーチーズがクラッカーの上にのっていたせいもあってか、そこまでブルーチーズの臭みを感じませんでした。そこで、2個目のブルーチーズを食べる際にはブルーチーズだけの味を試食してみるためにブルーチーズのみをつまみ食べてみたのですが、それは本当にただただ臭かった記憶があります。参考までに、「ブルーチーズは、牛乳もしくは羊乳をもとに作られるチーズの一種であり、アオカビによって熟成を行うナチュラルチーズ。用いられるアオカビはブルーチーズの種類ごとにそれぞれ異なる。」(出典:ウィキペディア)と言うことでアオカビをもとに製造されているチーズといえます。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、めっちゃ臭いです(笑)。久しぶりに食べたのですが、やはり臭さは一切変わりません。この臭みが好きな人は好きなのかもしれませんが、私も嫌いではありません。特に最初の一口目は刺激的であり、逆にアオカビの臭みがクセになるくらいであります。なので、1回でたくさんは食べることが無理なのですが、少しずつ酒のつまみに食べていくことがベストかもしれません。サラダの上にトッピングすることもありだと思いますが、今回は他のコストコ商品加えて創作してみました。商品は「バリラ スパゲッティ(500g×6個入り)」と「バリラ ジョノベーゼソース(190g×3個入り)」をベースに作ったスパゲッティなのですが、最後に本商品ブルーチーズをのせれば完成でとってクセのあるスパゲッティになります。本商品のブルーチーズはまず和風スパゲッティにはまずあうことはありませんが、バリラのジョノベーゼソースにはとても風味があい、1番の決め手はバジルソースにあう!ことが原因かと思われます。ゴルゴンゾーラはイタリア代表チーズ、そしてジョノベーゼソースはイタリアのリグリア地方発祥の伝統的なソースであることからも、両者ともにイタリア産ということもあることから相性がいいのは納得します。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です