コストコ 刺身用蒸し真だこ

1.刺身用蒸し真だこ

購入価格 1439円(2020年7月)
本日は、刺身用蒸し真だこを購入しました。魚介類コーナーにおいていつも気になっていたのですが、ついつい料理が簡単なデリカ商品に目が行ってしまい、魚介類コーナーはスルーすることが多くなってしまいます。しかし、今回はしっかりとした目的があり、コロナ禍の影響もあるので、なるだけ外出を控えることになるとやはり我が家でできることを中心に考えるとそれはやはり家族団らんができるタコ焼きパーティ-かなと勝手に思っております。ただ、いまだに試食したことのがないデリカコーナーにおいてあるアヒージョもタコを中心としたスペイン料理の代表格。アヒージョはご存じの方も多いと思いますが、オリーブオイルとニンニクで食材を煮込む料理ですが、この食材の中心となってくるのがタコ、エスカルゴ、カキ、エビ、タラ、イワシなどになってきますが、その他にも鶏肉やマッシュルーム、パプリカ、玉ねぎ、しめじなども合わせて多種多様な組み合わせとなっております。アヒージョのタコについてはそのうち攻めたいと思いますが、まずは本商品の味はいかに!それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。先程も記載しましたが、今回はタコ焼きにして試食してみました。タコの内容量631gととっても多かったので、タコ焼きの中に入れるタコの大きさも惜しみなく大きなサイズでカットしてふんだんに使用してみました。噛めば噛むほど弾力性があり、たこ焼きの外はカリッ、中はじぁーの感覚に加え、タコの反発力は食べる食べる楽しみを増加させます。改めてどこ産のタコかを確認してみたところ、モーリタニア産となっておりますが、正直なところピンと来ませんでした。なので、ググってみたところ、アフリカの北西部に位置している国であり、正式名称はモーリタニア・イスラム共和国との名称であることが記載されておりました。恥ずかしながら、本商品を購入したことをきっかけに初めて知ったのですが、日本で消費されるタコのほとんどがこのモーリタニア産ということらしいですが、小さいころから食べなれているタコはてっきり国産ばかりだと思っておりました。たこ焼き以外にも料理として食べられることが多いのはタコのから揚げかもしれませんが、このタコのから揚げであれば子供が喜ぶこと間違いなしですが、大人の胃の負担は大きいものかもしれません。なので、この年でちょうどよいタコ料理は以前にも購入した「淡路屋 ひっぱりだこ飯」がちょうど良かったのですが、たこ飯まで手間をかけないために一番いいのが単純にたこの酢の物だと個人的には思っております。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です