コストコ チョコココタルト

1.チョコココタルト

購入価格 1998円(2020年7月)
本日は、チョコココタルトを購入しました。スイーツコーナーの新商品ポップに飛びつきすかさず覗いてみたら、白いホワイトホイップクリームと茶色のチョコレートホイップクリームがぐるぐるとなっており、表面には薄くスライスされたアーモンドが程よくちりばめられております。商品名からも分かりますが、チョコココタルトのタルトであることからタルト生地であることには間違いありませんが、タルト生地のスイーツ商品は過去にも「チョコレートタルト」を購入したことがありますが、何となーく似たような様相をしている気もしますが、しっかり見比べてみたら全然違います。本商品はホワイトホイップクリームとチョコレートホイップクリームの割合が半々って感じがしますが、以前に購入しチョコレートタルトは一面が真っ白であることから99%ホワイトホイップクリームが占めており、デコレーションとしてチョコペンで書いたような円形がいくつも重なっておりスライスアーモンドがトッピングされておりました。スライスアーモンドのトッピングはこのチョコココタルトも一緒であるかもしれませんが、明らかにスライスアーモンドの分量が多いことは目に見えて明らかです。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。切ったチョコココタルトの中身はチョコレートクリームのフィリングになっており、表面のチョコレートホイップクリームとは違い胃にずっしりきます。しかし、ここで新発見!ではないですが、フィリングを食べている内にチョコココタルトの名称の意味に気が付きます。中にはココナッツを薄くスライスされたココナッツシュレッドが含まれており、噛めば噛むほどココナッツのアクセントがものすごく強調されます。切った断面からもココナッツシュレッド自身は全く見えないのですが、触感のみで違いに気が付きます。食べて気付くのですが、上部からのチョコレートホイップクリーム、ホワイトホイップクリーム、中部のチョコレートクリームフィリング、下部のタルト生地とセットで一つの味をかもし出しているので、部位部位の味と言うより合わさった味に本商品のおいしさがあると思います。以前に購入したチョコレートタルトのフィリングはチョコレートムースだったので、本商品を食べる際に少し警戒したのですが食べてみて全然違っていたことに驚きと感動を覚えました。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です