コストコ プリマハム 骨なしフライドチキン(945g)

1.プリマハム 骨なしフライドチキン(945g)

購入価格 958円(2020年7月)
本日は、プリマハムの骨なしフライドチキン(945g)を購入しました。弁当のおかずにいつ悩まされるのが、弁当の具材ではないでしょうか。鮭にウインナー、卵、サラダといろいろおかずはあるりますが、なんと言っても定番はフライドチキンではないでしょうか。過去にも「日本ハム チキチキボーン(1kg)」とフライドチキンを購入しましたが、今回の商品は骨なしということなので、骨を取る手間はないことが想像できます。骨についてはあまり気にしない私ですが、どうやらチキンナゲットのように形を整形されており、入っているチキン全て寸分狂わずに整えてあるみたいです。個人的にはいろんな形があるから面白いという気持ちがあるのですが、いつ食べてはずれのない形になっていれば安心感もあります。普段あまりスーパーでは見かけることのない本商品ですが、どうやらコストコのみの限定商品らしく、プリマハムから販売されております。何度か記事にて紹介させてもらったことがあるのですが、食肉加工業4社には日本ハム・伊藤ハム・プリマハム・丸大ハムと国内の食肉加工業はほぼこの4社が占めております。プリマハムは東京都品川区東品川に本社を置いており、ハムやソーセージを主力商品として扱っている業界第3位であることから商品の味についても間違いないと確信しております。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。味としてはこしょうの味が効いていることから割りとスパイシーなフライドチキンかなと感じます。お肉自体もとっても柔らかく、噛みやすので、日本ハムのチキチキボーンのように骨の心配をする必要がまずないので、思い切って噛むことができます。大きさについても決して一口サイズではないので、自分は4口くらいでたべきることができたので、ボリューミーであるフライドチキンであることには違いありません。プリマハムから他商品でスパイシーステックという商品があるのですが、これが割りと近い味かなと思います。黒こしょうを程よく効かせてあり、ピリッと感があり、それでいてスパイシー感もありとても食べやすいスティックタイプであるフライドチキンであります。両商品に言えることは、お弁当のおかずはもちろんなのですが、ビールなどのような酒のつまみにも合うと思いますし、また、アレンジしてパンにはさんだり、食パンで巻いてラップサンドなんかにもあうと思います。問題の調理方法についてですが至ってシンプルで、電子レンジ(500W)で約2分弱、でオーブントースターで4~5分でこんがりときつね色に仕上がります。今は夏季なので、冷凍庫から出してそのままお弁当に入れておけばお昼まで溶けていい感じになっていると思います。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です