コストコ 東京カリント 野菜かりんとう(36g×16袋)

1.東京カリント 野菜かりんとう(36g×16袋)

購入価格 899円(2020年7月)
本日は、東京カリントの野菜かりんとう(36g×16袋)を購入しました。かりんとうと言えば日本を代表するお菓子の一つではないかと個人的に思っているのですが、皆さんはどうお考えでしょうか。和菓子の中にもおはぎ、大福、草餅、みたらし団子、どら焼き、ふ菓子(参考:「トーカイフーズ 黒糖ふ菓子(30本入り)」)、芋けんぴ(参考:「クリート 3種類の芋けんぴ(60g×10袋入り)」)などいろいろあるとは思いますが、かりんとうも日本を代表するお菓子ではないかと思います。かりんとうを食べると昔おばちゃんが喜んで食べていたことを思い出し、戦後は物資にも乏しく、お菓子と言えばかんりんとうもその一つであったことが伺うことができます。今でこそ、お菓子一つに取っても国内、海外問わずいろいろなお菓子がコストコはもちろんのこと、スーパーでもお目にする機会がありますので、つくづく恵まれた時代に生まれてよかったと思うことがあります。話は戻りますが、かりんとうと言えば、真っ黒なイメージを持ちますが、お菓子コーナーに陳列してあるのを見ると、あれ!カラフルな色のかりんとうだぁと思ったのが率直な感想で時代が変わればではないですが、今の時代は黒いかりんとうだけではないんだぁとつくづく感じさせられます。そんなこんなですが、それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。5種類のかりんとうが入っており、さつまいも、にんじん、ほうれん草、たまねぎ、ごぼうとなっており、さつまいもから順番に食べて行きました。基本的に5種類のかりんとう全てサクサク、カリカリであることには違いないのですが、大きく違うの味と色、そして蜜の味にあります。パッケージにも記載されておりますが、「白蜜を絡めたにんじん、ほうれん草。黒蜜のさつまいも。ぴりっと唐辛子がきいた醤油蜜のごぼう。たまねぎは、ほんのり塩味の白蜜仕立て。5種類の味をお楽しみいただけます。」と。なので、感想もそのままになっちゃって申し訳ないのですが、さつまいもは黒蜜の味がきたあとにほんのりさつまいもの味が口に広がります。次ににんじんですが、白蜜の味はしっかりするもののあまりにんじんにんじんしい味は一切しなかったのが特徴かなと思います。そして、ほうれん草になりますがこれまたにんじんと同様に白蜜は強調されますが、ほうれん草感はありませんでした。次にたまねぎを食べたのですが、これまた白蜜が感じられますし、たまねぎも甘いため全てが甘かった印象があります。そして最後にとっても印象的だったごぼうなのですが、5種類の中で唯一ピリ辛でした。食べ初めは醤油蜜なので甘いのですが、段々と食べ進めると辛くなってきたので、途中でおやおやと思い始めました。子供が食べれない辛さではないのですが、うちの子は一口食べて、ほかの4種類が甘かったのでその後はごぼうを一切食べませんでした(笑)。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です