コストコ ヴィーガンボロネーゼ

1.ヴィーガンボロネーゼ

購入価格 1180円(2020年7月)
本日は、ヴィーガンボロネーゼを購入しました。デリカコーナーに新商品のポップが貼ってあったのでついついのぞき込んでみたのですが、外観パッケージから見えるのは何やらペンネ系にも見えますが、ヴィーガンボロネーゼペンネとは書かれていないので、ペンネでないことはわかります。しかし、過去にもペンネ系では「きのこクリームペンネ」「海鮮めんたいペンネ」「レッドアルフレッドチキンペンネ」といろいろ購入してきたのですがどれにも似つかない感じは見受けれられす。私もしっかりと理解していなかった部分もあったのですが、ペンネはペン先状の筒状パスタの総称であり、今回の商品はヴィーガンとボロネーゼの組み合わせであることがわかります。ボロネーゼは一般的にパスタ料理のメニューでよく聞きますが、セロリやたまねぎなど刻んだ野菜をオリーブオイルなどで炒めひき肉とワインで味付けされたイタリア代表の料理になりますが、ヴィーガンと記載されているのですがヴィーガンとは何?と聞きなれない言葉。早速ではありますが、ググってみたところ、ヴィーガンとは、「完全菜食主義者」を示しており、肉・魚はもちろんのこと卵、乳製品も一切摂取することがない人のことを示しており、要は動物性食品を一切食べない人のことを指します。と、いうことは一切肉・魚・卵・乳製品は入っていない料理ということなのでしょうか…、それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。まさにそのままボロネーゼパスタの味そのままの味です。陳列している状態ではパスタの底部分まではしっかりと見えませんでしたが、中身を取り出した時には気が付きますが、パスタの下部には細かく刻まれた玉ねぎやドライトマト引き詰められており、食べる前には肉・魚・卵・乳製品が一切入っていない料理なんておいしいのだろうか?ひき肉が入っていないのにおいしいのか?と疑問が多々あったのですが、食べてびっくり!本当にボロネーゼパスタの味が再現されており、ひき肉が入っていないのに噛めば噛むほどひき肉の味、感触が味わえます。また、パスタにこのひき肉(大豆たんぱく?)の味がする部材が絶妙に絡まりあい、普通の長い麺のパスタと違って具材がしっかり絡まりあいパスタと具材が一体化しとても食べやすい形になっております。調理方法もいたって簡単であり、500Wで電子レンジで10分から15分加熱すればあっという間に仕上がってしまします。食べ終わったあとも特に胃が重たくなることもなくおなかいっぱいになったのにライトな食べ心地でありました。こういった食べ終わっても苦しくない状態であってくれることは大変ありがたいですし、食後の活動にも大きな影響を及ぼします。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です