コストコ オランダフリコ ゴーダチーズシュレッド(1kg)

1.オランダフリコ ゴーダチーズシュレッド(1kg)

購入価格 838円(2020年3月)
本日は、オランダフリコのゴーダチーズシュレッド(1kg)を購入しました。我が家ではチーズ消費量は割と多くて、昔から愛用している雪印メグミルクのとろけるスライスチーズ7枚入では量が少なすぎてあっと言う間に消費してしまいます。その点、本商品のようなシュレッドチーズであれば好きな時に好きな分だけ手軽に手に取れるので手軽で便利ですし特に重宝するのはピザを作ったときに全体にパラパラと万遍なくチーズをかけたいときに一役買います。一時はとろけるスライスチーズを使用し、ピザの上に4枚程並べていた時期もあったのですが、どうしても丸いピザの隅っこの方にチーズが行き渡らずに苦戦したりしました。今更ながらゴーダチーズとは何か理解していない自分がいたのであらためて調べてみたところゴーダチーズはオランダ発祥のチーズであり、オランダのチーズ生産量の60%を占めております。よくテレビなどで見たことがあると思いますが、茶色い円盤型でを熟成室などいくつも並んでいるのがゴーダチーズの原型であります。あの円盤のサイズは直径約35㎝×高さ11㎝で重さにして約12kgあるそうで、公式なゴーダチーズの原型が決められているそうです。それより小さいものをベビーゴーダと言うらしく、中の色は白ぽっいものから黄色いぽっいもものまであり、熟成を重ねるたびに中の黄色が変化していくそうです。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。今回は純粋にゴーダチーズの味を味わうためにトーストに本商品をのせて焼いてみました。日本のメーカーから出ているとろけるチーズに比べて焼いたあとでもとろけにくい印象があります。実際にはとろけているのですがとけてグダグダになり、全体に拡がるという印象はありません。なので、割としっかりと原型は残っている状態であり、最初にゴーダチーズシュレッドをのせた場所に最後まで留まり、その場でステイしてチーズが溶ける感じになります。なので、グダグダにとろけるチーズが好きな人には日本製のとろけるチーズがよいのではないかと思います。味についはチーズの香ばしさはあるものの、そんなに強い風味ではないのでチーズメインに食べる商品ではないのかもしれません。どちらかと言うと、日常の生活でわき役的なチーズ料理、グラタン、ピザ、私は好みでカレーの中にチーズを入れるようなチーズメインでない料理に向いているのではないかと思います。風味の強いチーズと言えば、ブルーチーズ、カマンベールチーズ、ゴルゴンゾーラ、クリームチーズ、マスカルポーネチーズなどはどちらかと言うとチーズ独自でも風味を楽しむ感じがありますので、これらのチーズとは真逆な感じがイメージしやすいのではないかと思います。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です