コストコ おやつカンパニー ベビースターラーメンチキン味(40個入り)

1.おやつカンパニー ベビースターラーメンチキン味(40個入り)

購入価格 948円(2020年3月)
本日は、おやつカンパニーのベビースターラーメンチキン味(40個入り)を購入しました。ベースターラーメンと言えば、昔からある定番中の定番のお菓子。であり、誰しも愛してやまないお菓子の一つではないかと思います。私も小さい頃からポリポリと何気なく食べていたおやつであり、食べれば食べるほど止まらなくなり、これを食べていると気が付いたら夕食の時間になっていたことは多々あります。ベビースターラーメンを製造している会社は皆さんご存知のおやつカンパニーにですが、会社は三重県にあります。このベビースターラーメンの誕生秘話は昭和34年にチキンラーメンを製造する工程で発生する面のかけらを従業員におやつとして配布したところ、これがとても好評であったため商品化し、ベビーラーメンが誕生したとのことであります。ただ、このときはまだベビーラーメンであり、ベビースターラーメンになったのは昭和48年。子供向けのスナック菓子で一番(スター)になりたいという想いを込めて「ベビースターラーメン」に名称が変更されたとのことでした。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。懐かしのベビースターラーメンチキン味、チキンラーメンをそのまま食べている感覚です。初めて食べた時もこのチキン味であり思い出と一緒に小学校の頃の記憶が蘇ります。チキン味以降にみそ味やカレー味が加わりバリエーションも増えましたが、平成11年には丸いタブレット状に固められたベビースターラーメン丸もあり進化し続けるおやつカンパニーの商品発想力には驚かされます。ただ、唯一ショックであったのは、平成28年にベビースターラーメンのマスコットキャラクターであるベイちゃんが引退し、ホシオくんに代わったことにあります。長年、愛され続けたベビースターラーメンのキャラクターと言えば、やっぱりベイちゃんであり、なんとなぁーくキン肉マンの中に出てくるラーメンマンのキャラクターに似ていたので個人的には親しがあり親近感がありました。当時はこのキン肉マンが流行っていたのでアニメや漫画などを見ながらこのベビースターラーメンチキン味を食べていたこともありました。ベイちゃんに代わるホシオくんもやわらかい感じのキャラクターで子供には入りやすい雰囲気を持っておりますし、今も昔の愛され続けるお菓子に違いありません。令和元年に入り誕生したベビースターラーメン工場一体型テーマパーク「おやつタウン」が三重県津市にありますが、大人になっても周りを気にすることなく、童心に帰ってはしゃぎたいと思っている大人の人達用におやつ広場(アミューズメントエリア)があるそうです。是非一度行って見たいものですね!それでは、本商品機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です