コストコ チョコクレープロール

1.チョコクレープロール

購入価格 1598円(2020年2月)
本日は、チョコクレープロールを購入しました。いつも通りスイーツコーナーを歩いていると新商品のポップがあがっていたことから即効カートに入れました。外観パッケージから覗き込んでも見るからに薄いクレープをロール状に巻いてあり、中にはチョコホイップクリームらしきものが見え隠れしており、全体にもココアパウダーをふんだんにまき散らしてあることから、見るからにチョコ、チョコ、チョコの一色に見えます。大きさ的に言えば、以前に購入したことのある「モンブランバーケーキ」や「タキシードケーキ」「抹茶クランベリーロールケーキ」のパッケージに入っていることから、長さが約28㎝はあろうかと思われますし、幅も10㎝はあろうかと思います。本商品の名称はクレープロールとなっておりますが、一般的にはミル・クレープと言われるものであり、意外と知られていないのがミル・クレープは日本産であったりします。ケーキの一種で何枚ものクレープを重ね合わせ、ものによってはクレープの間にクリームを挟んだり、フルーツを挟んだりとアレンジはあるものの基本的にはクレープを何層にも重ね合わせているケーキをミル・クレープと呼んでいます。実際には、20枚前後のクレープを使うことが多いそうですが、結構クレープを重ねていることに驚きです。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。フォークを入れた瞬間に何層にも重ねっているクレープが歯切れよく切れてくれて、かつ中のチョコホイップクリームもグニュと漏れでてくることもなく綺麗にフォークですくえます。匙についてもどちらかと言えば、胃に負担がかかるようなケーキではないのでライトに食べれると思いますが、だからと言って2個、3個と手が伸びる商品ではありません。ただ、以前に購入した「タキシードケーキ」に比べるとライトな方であるという意味なので決してこのチョコクレープロール自体がライトであるという意味ではありません。ケーキ自体の作りが違うのかもしれませんが、タキシードケーキは、上層部からホワイトチョコレート、マーブルチョコレート、チョコレートスポンジ、ホワイトチョコレートとクリームチーズ、チョコレートクリーム、チョコレートスポンジで構成されており、おまけにチョコレートクリーム層には四角い形をした生チョコレートが含まれており、とにかくこのケーキを食べたあとは腹がパンパンで動くことも出来ませんでした。その点このチョコクレープロールはカロリーのことも考えられているか食べあたりもしつこくなく、チョコとクレープの味が口いっぱいに広がり味を堪能できます。もともと私自身がクレープ大好きなのでクレープが何層にもなっていることを考えるとおぁー贅沢なケーキだと思いますが、クレープ屋さんでひとつのクレープを購入するよりもこのチョコクレープロールを購入する方が断然コスパは良いと思います。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です