コストコ クラッシックベーコンシーザーサラダ

1.クラッシックベーコンシーザーサラダ

購入価格 998円(2020年3月)
本日は、クラッシックベーコンシーザーサラダを購入しました。コストコに行くたびに何気なく覗き込んでいるデリカコーナーなのですが、赤いポップがあがっていたことから新商品だぁ!と思い、外観パッケージを覗き込んだら、パッケージ一面にひかれているサラダの上には大きな長方形で切ってあるベーコン、そして大きなクルトンのほかにも粉状のナチュラルチーズがふんだんに散りばめられております。サラダを見た瞬間に以前に購入したことのある「香川産ロメインレタス(2個入り)」だなぁと思いながら覗き込んでおりましたが、いつ見てもロメインレタスの葉っぱの太さには圧倒されます。あらためてシーザーサラダについて調べてみたところ、「ロメインレタスおよび、場合によりルッコラ(ロケット菜)の上に、生あるいは半熟の鶏卵または卵黄、ニンニク、塩、コショウ、レモン汁、オリーブオイル、ディジョンマスタード、ウスターソースから作られるシーザードレッシングに、削りおろしたパルメザンチーズとクルトンをトッピングして仕上げる。現在では、ボリュームを出すために、グリルした鶏の胸肉、エビ、ステーキ、サーモンなどをトッピングすることも多い。」(出典:ウィキペディア)となっており、ロメインレタスを主体にしたサラダであるそうです。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。ロメインレタスをベースとしたシーザーサラダを初めて食べたのですが、その意味がようやく理解できました。たまに外食した時に、ファミレスなんかでシーザーサラダを注文し、食べることがあるのですが、今まで食べ続けていたシーザーサラダのサラダは基本的にレタス(参考:「ブーケレタス(2個入×2パック)」「デリシャススマイル フリルレタス(2個入)」)やベビーリーフ(参考:「果実堂 熊本県産オーガニックベビーリーフ」)等が並べられているのがほとんどだと思いますが、このレタスやベビーリーフは柔らかすぎて歯ごたえが無いと思います。その代わりではないですが、クルトンのカリカリ感やベーコンのうま味があってサラダにアクセントもあり食べていても飽きがきませんが、今回、本当のシーザーサラダを食べてショックを受けました。これが本当のシーザーサラダかぁ…と。本商品の食べた感想に戻りますが、ロメインレタス(参考:「香川産ロメインレタス(2個入り)」)を食べた方はお分かりかと思いますが、ロメインレタスはとにかく固いです。シャキシャキ感もありますが、すごくゴツゴツした触感で、若干この固さがあだとなる部分があったりもするのですが、今回この商品ではこのベースとなるサラダは絶対と言って良いほどロメインレタスでなければならないと個人的には思います。ロメインレタスの上にベーコンとクルトンをのせて食べたときには一つのメインデッシュを食べているかのような感覚に陥ったりするくらいにゴージャスでかつボリュームもあります。また、なぜか不思議なのですが、このロメインレタスを食べていても固くて口内が痛いという感覚はありませんでした。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です