コストコ さくらどり国産手羽元(2.4g)

1.さくらどり国産手羽元(2.4g)

購入価格 1338円(2020年2月)
本日は、さくらどり国産手羽元(2.4g)を購入しました。さくらどりと言えば、以前に購入した「さくらどり焼き鳥用もも肉串」以来になりますが、正直なところ、今まではさくらどりの売場は通るものの、見向きもしなかったのが実情であります。ベーカリーコーナーを過ぎて、お肉コーナーも過ぎて、ホットスナックコーナーも過ぎてというコースで進んで行くとついつい見逃しになりがちなのがさくらどりが置いてあるコーナーになります。今回はさくらどりの中でも手羽元を購入しましたが、手羽元以外にも、手羽中、むね肉、もも肉、ささみ、ひき肉なんかが並んでいるのを見ます。今回はとり手羽元と大根の煮ものをつくる目的で購入したのですが、それ以外にも手羽元を使ったカレー、タンドリーチキンなんかをつくる目的で購入している経緯もあります。参考までに手羽元について調べて見たところ「別名ウィングスティック。骨と肉と皮が程々にあるために正肉に近く、他の料理の具としたりから揚げや煮物にも適する。人間の肘と肩の間の部分に該当する。手羽元を使用したチューリップも存在する。」(出典:ウィキペディア)という事だったのですが、何はさておき、それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。今回はとり手羽元と大根の煮物をつくったのですが、これがさっぱりとしておりギトギトした脂身もなく、おいしく食べることができました。調理の際にだし汁(参考:「ヤマキ 白だし(1000ml)」)を濃くすることによりカロリーの上昇を抑え、満足感を得やすいのですが、塩分や血中コレステロールが気になる方は薄めの味付けにする方が得策だと思います。また、事前に肉の脂を落とせば煮汁のカロリーを抑えられることや、他の大根への脂の付着も防げることがあげられます。もともと手羽元はささみと比べカロリーが高めでありますが、手羽先と比べれば断然カロリーは低めであります。その原因は鳥皮に原因があるため一番良いのは皮なしにする方がカロリーは低くできますが、わざわざ皮を取り除いて調理する家庭は少ないのではないかと思いますし、我が家では育ち盛りの子供がいるのでむしろカロリーが高いものを好んで食べる傾向にあったりします。手羽元には手羽元に含まれる栄養素としては、美肌効果があるコラーゲン、若返りのビタミンとして言われるナイアシン、骨の形成に寄与してくるビタミンKなどが含まれており、健康な体をつくる栄養素が含まれております。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です