コストコ カークランドシグネチャー チョコレートレーズン(1.53kg)

1.カークランドシグネチャー チョコレートレーズン(1.53kg)

購入価格 1548円(2020年2月)
本日は、カークランドシグネチャーのチョコレートレーズン(1.53kg)を購入しました。以前に購入した「カークランドシグネチャー ミルクアーモンドチョコレート(1.36kg)」や「カークランドシグネチャー カシューナッツソルト(1.13kg)」にハマってしまい、ついつい夜間のおやつポリポリとなってしまいます。カシューナッツソルトはカラダにはよいとは思いますが、食べているうちに段々口の中がしょっぱくなってきてしまいしょっぱさにやられて食べることをやめてしまう反面、ミルクアーモンドチョコレートはひたすらノンストップで食べ続けれたりします。ミルクアーモンドチョコレートを食べた瞬間から懐かしの明治のアーモンドチョコレートを思い出し、懐かしい味だなぁと思いながらかれこれ1時間くらいはポリポリ、ポリポリッと食べ続けておりました。とにかくこのシリーズは自制心が大切であり、これ以上食べないと決めないとひたすら食べ続けてしましす。今回のチョコレートレーズンは前回購入したミルクアーモンドチョコレートと違うのは中に入っているアーモンドかレーズンの違いだけであって、実質止まらない系であることは想像が着きます。自制心を持って、それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。ミルクアーモンドチョコレートと異なり中に入っている干しレーズンの柔らかさがあるので、最後までソフトな口あたりになっております。また芳醇な香りが広がるレーズンがチョコレートと相まって、より一層甘さの相乗効果が現れ、食べているうちにラム酒でも飲んでいるような感覚まで行きませんが、イオンのプライベートブランドトップバリュの「いいわけおやつ カカオ80%のレーズンチョコ」を食べている感覚があります。個人的にはラムレーズンが好きなので、ブルボンのレーズンラッシュはおすすめの商品の一つでありますが板チョコであるのに対し、本商品は1個1個がチョコレートに包まれているため好きな時に1個、また1個と自由度はあると思います。食べ進めているうちに気がついたのですが、やはり外国産であることから、全てのチョコレートレーズンが均一の大きさではなく不揃いな形をたまにしております。たまに少し大き目なサイズだなぁと思って口に入れてみると、何と中には2つのレーズンが入っており、こういうチョコレートレーズンにあたるとラッキー!なんて思ったりもします。私が食べ進めている中最大3つ入りのがあったりしましたし、逆に普通のサイズよりも小さ目なチョコレートレーズンもあったので、食べてみたらレーズンのヘタのような部分だけがチョコレートでコーティングされており、食べてみた納得させられる部分がありました。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です