コストコ 100%ビーフパティ赤身88%(12個入り)

1.100%ビーフパティ赤身88%(12個入り)

購入価格 2392円(2020年1月)
本日は、100%ビーフパティ赤身88%(12個入り)を購入しました。ハンバーグと言えば、ひき肉が命ではないですが、我が家ではいつも牛と豚の合挽き肉を購入します。本商品の食品表示を見てみると100%のビーフとなっていることから9割は赤身を占め、残り1割は脂身となります。そもそもパティと言う言葉自体を知らなかったので、調べてみたところ「英語圏のパティはフランスのパテにルーツを持ち共通点はあるが、独特の料理となっている。現在主に作られるパティは、ハンバーグに似た肉料理で、ひき肉を円盤状にして焼いたものである。ハンバーグと違い、卵、パン粉などのつなぎを使わず、調味料などを除けば材料は全て肉である。主に、パン(バンズ)ではさんでハンバーガーにする。ハンバーガー用のパティをハンバーガーパティ、あるいはバーガーパティと呼ぶ。」(出典:ウィキペディア)ということなのですが、マクドナルドの夜マック(17時~)に倍マックシリーズで「パティが倍に」と言うキャッチフレーズがあるようにパティって言葉はメジャーなんですね。恥ずかしながら私は知りませんでした(笑)。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。今回は煮込みハンバーグにして試食してみたのですが、とにかくザ・肉!って感じで、肉肉しか感じられません。標記のとおり、赤身が88%と謳っていることだけあり、ほとんど脂身は感じられません。なので、脂身と肉汁を好む日本人にとってはあまり好まれる味覚ではないかもしれません。以前に購入した「USプライムビーフ肩ロース焼肉」や「USプライムビーフ肩ロースすき焼」と同様の感想になるかもしれませんが、日本人が好むような脂身(霜降り)感はとても少なくて赤身が多いためモグモグと噛む回数が増えるかもしれません。ハンバーグにしているからかたまりの牛肉より断然柔らかいのですが、赤身が多いせいか歯ごたえのあるハンガーグとなっております。今回合わせ使用したのがデミグラスソースもコストコで購入した「HEINZ ハインツ デミグラスソース特選(290g×4缶入り)」を使用しましたがこれがとっても重宝します。デミグラスソース缶に赤ワイン、玉ねぎ、にんじん、しめじを加えただけのとってもシンプルな仕上がりになっております。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です