コストコ キューピー 焙煎胡麻ドレッシング(1000ml)

1.キューピー 焙煎胡麻ドレッシング(1000ml)

購入価格 698円(2020年1月)
本日は、キューピーの焙煎胡麻ドレッシング(1000ml)を購入しました。以前に購入した「キューピー プロユースマヨネーズ210(1kg)」と同じくらい知名度もあり、売れている商品の一つでもあります。私も昔はマヨネーズ派でしたが、年齢を重ねるにつれてどんどん胡麻ドレ派に変わりつつあります。こちらもキューピーのマヨネーズと同様に、一般的に購入するのサイズが380mlと今回の商品と比べ小型サイズです。1000mlとなるなかなか使いきるまでも時間がかかるかと思うのですが、何かとサラダには必ず使いますし、豚しゃぶなんかするときには必須アイテムと言っても過言ではありません。また我が家では豚しゃぶに次いで食べることが多いのは豚しゃぶサラダであり、サラダとトマトを並べた皿の上に湯せんした豚肉を冷ましてから並べ最後にこの胡麻ドレッシングをかけて完成と至って簡単かつヘルシーで、腹持ちのよい食事になります。今の時期は特に問題ないのですが、夏や梅雨の時期の蒸し暑い時期では食欲及びスタミナが減退する中では特に疲労回復、食欲増進なんかにはもってこいの食材になります。もちろん、胡麻ドレッシングが味の決め手と言って過言ではありません。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。サラダにかければ、一瞬でゴマの風味が広がり、ゴマ一色単になります。私が胡麻ドレッシングを好む理由としては、まずはゴマの風味、そして湯せんしたお肉との相性の良さ、最後にサラダ全般に胡麻ドレッシングがあうからです。この焙煎胡麻ドレッシングの特徴はクリーミー感もありつつ、酸味と風味が相性よく絡み合っていることから野菜との相性の方が良いのかもしれませんが、お肉にあわないわけではありません。お肉の脂っぽさを焙煎胡麻ドレッシングの中に含まれる酸味が緩和をしてくれるので後味もさっぱりし、食欲も進みます。他の食材とのバランスが良いのに加え、コクがあるマヨネーズのようにベタベタはしておらずクリーミーでありつつ、さらっとした舌触りがなによりも特徴的です。このクリーミーなタイプの胡麻ドレッシングの特徴としては、食品表示にありますように、主に醸造酢や砂糖、しいたけエキス、食塩、卵黄、調味料(アミノ酸)、甘味料(ステビア)を使用しているのが特徴らしいそうですが、その中でも特に砂糖や卵黄が全体的にとろみをつける役割があり、結果まろやかな舌触りの胡麻ドレッシングになるみたいです。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です