コストコ カネスコーポレーション 十六穀1140g(30g×38袋)

1.カネスコーポレーション 十六穀1140g(30g×38袋)

購入価格 1480円(2020年1月)
本日は、カネスコーポレーションの十六穀1140g(30g×38袋)を購入しました。我が家では必ずと言っていいほど、白飯が嫌いであり、味付けのりで食べたり、昆布を振りかけたり、のりたまをかけたり、はたまたおかずのだし汁をかけてみたりと色々工夫をこらしております。そんな中たまに購入したりするのがこのカネスコーポレーションの十六穀なのですが、とっても使い勝手があり重宝しております。食品表示に記載されておりますが、中にはもちあわ、発芽玄米、もちきび、大麦、クロマイ、黒豆(大豆)、アマランサス、たかきび、とうもろこし、ひえ、ホワイトソルガム、裸麦、キヌア、小豆、黒ゴマ、はと麦など16種類の穀物が含まれている、小包装(幅が約5㎝弱×横が約15㎝弱)が38袋入っており、単純に38回分が楽しめます。仮に1日3食を食べたとしても38袋/3回(朝・昼・晩)=12.666…≒12回と言うことから1週間と5日間程度楽しめることになりますが、我が家では朝はまず食べませんし、お昼も食べる日、食べない日があることからほぼ夕食でしかご飯は食べることがありません。それでも、この十六穀があれば白飯もおいしく食べれます!それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。ご飯自体がもち麦を入れたかのようにモチモチと粘り気があり、噛んでいても食べ応えがあります。個人的には黒豆が大きいせいか、黒豆がゴロゴロしているイメージが頭に残り、若干黒豆ごはんのイメージになりましたが塩分が無いせいか、そこまで黒豆ごはんぽっくわなかったですし、実際は無味まではいかないかもしれませんが、無味にとても近いです。以前に購入したことのある「はくばくもち麦800g×3袋」に近いかもしれませんが、唯一違う点と言えば、中に含まれている栄養素にあります。はくばくもち麦のもち麦には、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と水に溶けやすい「水溶性食物繊維」という2種類の食物繊維が含まれているみたく、なかでも便秘に良いと言われているのが「不溶性食物繊維」。このふたつがバランスよく含まれていることにより太りやすい原因となる脂質や糖分を抑えることで、痩せる体になるという仕組みがあるそうです。逆に、十六穀は栄養素が高く、抗酸化性作用があるポリフェノールをはじめ、ミネラル、ビタミンB1、ビタミンB6、ナイアシン、亜鉛が豊富に含まれ、ご飯が冷めてもおいしいのが十六穀の特徴かと思われます。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です