コストコ オイコスギリシャヨーグルト ブルーベリー味(110g×12個入り)

1.オイコスギリシャヨーグルト ブルーベリー味(110g×12個入り)

購入価格 998円(2020年1月)
本日は、オイコスギリシャヨーグルトのブルーベリー味(110g×12個入り)を購入しました。以前にストロベリー味を購入したのですが、思っていた以上に家族に人気であったので今回はブルーベリー味を購入してみました。以前の記事にも少しふれたのですが、このオイコスギリシャヨーグルトはダノンジャパンから販売されており、ダノンビオなんかが有名であったりします。このダノンジャパンから販売されてるオイコスギリシャヨーグルトは低カロリーで太りにくく、ダイエットにもいいらしのですが、皆さんギリシャヨーグルトと普通のヨーグルトの違いをご存じでしょうか。「ギリシャヨーグルト(またはグリークヨーグルト)は、水切り製法で作られるチーズのように乳清や水分を取り除いた多少堅めのヨーグルト。(出典:ウィキペディア)となっており、ギリシャに伝わる水切り製法という過程を取り入れることで普通のヨーグルトがギュッと濃縮したヨーグルトに生まれ変わっております。なので、私が初めてこのオイコスギリシャヨーグルトのストロベリー味を食べたときは何って濃厚な味がするヨーグルトなんだろうと思いました。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。前回食べたストロベリー味同様に味がとっても濃厚です。おおげな意見ですが、モッツァレラチーズのような弾力がある感触でありまり、食べていても濃厚な高タンパク感な感触があります。前回のストロベリー味では食べ進めていくと、初めてカップの底にストロベリーソースが隠れているのを知った時にはあと祭り。カップの底にストロベリーソースが隠れているを知らなかったので、上部のヨーグルトばかりを食べていたので、カップの底にスプーンがあたったときにストロベリーソースが溜まっているのを知ってショックを受けました。知っていれば配分を考えたのに…。なので、今回は最初からスプーンをカップの底までもって行き、ブルーベリーソースをかき出してヨーグルトを食べたので、今回は全体的にヨーグルトとブルーベリーソースの配分を均一にし、全体にまんべんなくブルーベリーソースが絡むように食べましたのでとっても落ち着いて食べれました。ただ、ブルーベリーソースが私たちが普段から食べなれているアオハタのジャムやボンヌママンのジャムのようにそこまで甘くはなく、若干酸っぱみもあるような気がしました。ヨーグルトとブルーベリーソースが味りあうとそこまで酸っぱいとは感じられず、クリーミーで濃厚感が優先される味であります。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です