コストコ 丸大食品 豚角煮(760g)

丸大食品 豚角煮(760g)

購入価格 1498円(2019年12月)
本日は、丸大食品の豚角煮(760g)を購入しました。以前に購入した「伊藤ハム 黒酢酢豚(200g×3袋入)」のようにレトルトで温めて簡単に料理できるものは料理の手間も省けるため大変ありがたい商品であります。今回は丸大食品の商品ですが、前回は伊藤ハムの商品。両者ともにハム・ソーセージ大手4社(日本ハム・伊藤ハム・プリマハム・丸大食品)の中に含まれる会社なのでおいしいこと間違いなしであることは確実に言えます。丸大食品と言えば、「丸大食品株式会社は、大阪府高槻市に本社を置く、ハムやソーセージなどの食肉加工品のほか、各種惣菜類を製造・販売する食品メーカーである。日本ハム・伊藤ハム・プリマハムと共に食肉加工業界大手4社の一角に含まれる。業界4位。」 (出典:ウィキペディア)となっております。歴史を見ても、1954年に大阪市福島区福島北3丁目で丸大食品工場としてハム、ソーセージの製造販売を開始され、現在の本社である高槻市に移転したのは1965年。会社の歴史自体は65年あり、現高槻市からの本社機能は54年もの歳月があります。今では私たちの食卓に当たり前にならんでいる丸大食品の商品もこのような歴史の上でなりたっていると思うととってもありがたくなってきます。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。トロトロの豚バラ肉が口に入れた瞬間に口全体に肉のうま味と調味料の甘みが広がってきます。トロトロと言ってもお肉自体は箸でくずれるわけではないので、当然口で噛み切る程度の弾力であります。トロトロとは特に脂肪部分の事であり、脂肪部位が多いため全体としてトロトロな食感があります。大きさにして約13㎝程度あったりするのでちょっとそこらの大きさではないので、食べているもボリュームがあり、とてもご飯が進むこと間違いなしです。最初はまず豚角煮をそのままで味わったののですが、6切も入っているので、違ったアプローチをしてみようと思い、沖縄そば風にしても食べてみましたがこれがめちゃくちゃあいます。豚角煮のレトルトパッケージにはしっかりうま味タレ(醤油、酒、砂糖など)に浸かっており、お肉だけ取り出してうどんの上にのせれば完成なんですが、ここで一工夫。このうま味タレを少々うどんのだし汁の中に入れてかき混ぜればだし汁にも変化がありかつ、とってもおいしい沖縄そばに早変わりします。やはり沖縄そばであればラフテー(豚角煮)が命ですよね!機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です