コストコ カークランドシグネチャー えび天ぷら(30個入り)

1.カークランドシグネチャー えび天ぷら(30個入り)

購入価格 2238円(2019年12月)
本日は、カークランドシグネチャーのえび天ぷら(30個入り)を購入しました。購入したのは12月末とちょうど年末だったので、年越しそば用として購入した経緯はあります。普段からあまり天ぷらを食べる習慣がないため、1年を通じてこういう機会にしか食べることが我が家庭では言えます。天ぷらが嫌いなのでは決してなく、むしろ好きな部類に入るのですが、なぜあまり食べないかと言うと理由は至って簡単、揚げ物をつくることがめんどくさいからです。とにかくこの手間が嫌なので、我が家庭では油を使用した揚げ物は比較的少ないかもしれません。外観パッケージからは中の様子は見えませんが、唯一の判断材料はパッケージに書いてある絵のみになります。ちょうどこの時期ならではだったのかもしれませんが、デリカコーナー付近で海老天ぷら(6本入り)たるものが、黒色と赤色の発泡スチロール製の容器に6本並んでおり、販売価格が1980円であったので正直どちらの商品を購入しようか迷いました。カークランドシグネチャーのえび天ぷらは30個入りで2238円だったので1本あたりの単価は75円(2238円/30本=74.6円≒75円)であるのに対し、海老天ぷら(6本入り)の単価は330円(1980円/6本=330円)であったので、コスパを考えて本商品であるカークランドシグネチャーのえび天ぷら(30個入り)に軍配が上がりました。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。オーブンでチンしているのですが、想像以上にサクサク、カリカリになったのでびっくりでした。冷凍食品であったことからレンジでチンしてもエビの衣がふにゃふにゃになるに違いないと思っていたのですが、これはとっても以外でした。日本の冷凍食品で天ぷらやいか天ぷらなどの種類が販売されております電子レンジでチンすると蒸気を含んでしまいどうしても仕上がりが水ぽっくなってしまいますのでどうしてもサクサク感には欠けてしまう難点があります。なのですが、このえび天ぷら本当に揚げたてサクサク、カリカリ感が続きますので、かなり硬めに衣がつくられているのかもしれません。付属には天ぷらソースらしきものがついてはいるのですが、今回年越しそば用には使うことはありませんでしたが別の機会に普通にえび天ぷらにかけてみたのですが、これがとても不思議な味で我々日本人にはあまり馴染みのない甘い醤油の味がしました。想像ではありますが、アメリカ人がイメージしている日本食にあわせた醤油の味なので、巻きずしをイメージして作られたカリフォルニアロールのような感じに近いかもしれません。イメージなので伝わりにくい部分もありますが、わかりますでしょうか?機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です