コストコ 有楽製菓 ブラックサンダーチョコレートビッグシェアパック(840g)

1.有楽製菓 ブラックサンダーチョコレートビッグシェアパック(840g)

購入価格 899円(2019年12月)
本日は、有楽製菓のブラックサンダーチョコレートビッグシェアパック(840g)を購入しました。今では最寄りのスーパー、コンビニなど、どこででも購入できるブラックサンダーチョコレートですが私が小さい時には無かったお菓子であり、私が働いている時にいつも間にかブラックサンダーチョコレートが店頭に並ぶようになっておりました。2008年には北京オリンピック体操個人総合において銀メダルを獲得した体操の内村航平選手が好物ということがテレビで流れたころから我が北陸地方にも上陸していた感覚があります。ブラックサンダーチョコレートの歴史を調べておりましたら、1994年に販売しているみたく、かれこれ25年もの歴史があるのに一度も目にしたことが無かったということは北陸地方が販路として適さなかったかもしれません。他県をドライブしている際に立ち寄ったコンビニのセブンイレブンにはブラックサンダーチョコレートが置いてあったのをみたことはあるのですが、我が富山県にセブンイレブンが初出店したのはなんと2009年1月23日。なので、県内のセブンイレブンでブラックサンダーチョコレートを見たのが10年前の話(笑)。そう考えると田舎はつくづく損であることがわかります。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。ザクザク、ボリボリと軽快なステップで食べ進めることができるチョコレートでコーティングされたお菓子になります。中はココアクッキークランチをチョコでコーティングしてあることから口の中でチョコレートの甘さとココアクッキークランチがベストマッチなタイミングで混ざり合いとっても甘いお菓子になっております。甘いと言っても、コストコのケーキ類の甘さではなく、1個だけでは物足りない甘さであり、ついつい2個3個と手が伸びてしまいいつの間にか5個も開封してポリポリ食べておりました。キャッチコピーが「おいしさイナズマ級!」、「若い女性に大ヒット中!」と言うだけあって、女性でない私であってもわかる気がします。繰り返しになりますが、甘さがとってもライトなため、食べていも胃が重たくなる感覚もないのでついついまた1つまた1つと手が伸びるのも「若い女性に大ヒット中!」の由縁かなと勝手に自分で思ったりしたりもしちゃいます。妻も子ども同じように止まらない感じで食べていたので、やはり女性には大ヒット中!であることは間違いないみたいです。ただ、女性以外の男性にも大人気なので、「子どもから大人の間で大ヒット中!」なんかに直してもいいかもと勝手に思ったりしております。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です