コストコ 北海道産黒毛和牛4等級切落し

1.北海道産黒毛和牛4等級切落し

購入価格 4278円(2019年12月)
本日は、北海道産黒毛和牛4等級切落しを購入しました。過去にも肉類として「USプライムビーフ肩ロースすき焼」や「USプライムビーフ肩ロース焼肉」、「USAビーフ三角バラカルビ焼肉」を購入してきましたが、どれも正解でたまにリピートすることもあります。我が家でも最初は外国産の肉に対して抵抗があったのですが、今考えれば何をあんなに抵抗していたのかわかりません(笑)。ただ、日本人であれば健康面を考えれば外国産の肉に対して抵抗があるのは当然かもしれませんが、そんなことを考えれば国産の肉に手が伸びるの当たり前なのかもしれません。ただ、本商品国産牛肉は100gあたり478円対して、アメリカン産の牛肉は100gあたり208円となっており、アメリカン産の牛肉の方が日本産に比べて半額以下なので、日本産はどうしても値段が高くなってしまいます。そう考える国産牛を購入するにはボーナスが出た日や子供の誕生日なのどのような特別な日でないとなかなか手が伸びないのが現実だと思います。と言うわけで、今回はクリスマスシーズン、ボーナスシーズンもあったことから少し奮発して購入することにしました。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。いつもとおり、最初は肉のそのままの品質を味わうために単純に焼いて塩コショウで味付けし味わいました。とってもジューシーで牛肉のうまみがしたたり落ちてきます。焼く前は霜降り状態であったのですが、焼いてしまうと見た目はアメリカ産と変わらずに脂身も引き締まって、そこまで脂っこくありませんでした。コストコ肉類を購入するにあたって注目してほしいのは国産牛と外国産牛の食品表示で大きく異なる部分は個体識別番号が表示されているところにあります。国産牛の場合は個体識別番号となっており10桁の数字が記載されておりますが、これを独立行政法人家畜改良センターの「牛の個体識別情報検索サービス」のサイトに個体識別番号を入力すると1出生、2転出、3搬入、4取引、5転入、6転出、7搬入、8と畜との順番で表示され、誰がこの牛を購入に、どの牧場で育ててと畜に至ったかを詳細に調べることができますし、食品に対する安心安全も確認することもできます。ちなみに我が家で購入した牛肉は北海道中川郡本別町で育った牛肉みたく、北海道の豊かな自然環境と放牧で育てられた牛は赤身肉が特徴でとても美味しい牛肉となることからもどちらかといえばアメリカ産の牛が育っているような耐寒性に強い環境が同じなのかもしれません。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です