コストコ ノルウェー産塩さばフィレ

1.ノルウェー産塩さばフィレ

購入価格 1833円(2019年11月)
本日は、塩さばフィレを購入しました。1週間に1回は必ず魚系(刺身含む)の夕食を食べておりますのでその中でも割とさばの消費率も高い方であります。やはりよく購入する商品と言えば「定塩銀鮭切身・甘口」になるのですが、鮭ばかりでは飽きてしまうこともあるためブリやサンマ、特に刺身はをよく食べたりします。ただ、毎週刺身ではさすがに飽きちゃうこともあるので時々焼き魚を入れていくのですが、そんなときにこのノルウェー産塩さばフィレはもってこいかもしれません。そんな青魚の代表でもあるさばはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)、ビタミンDが豊富に含まれており、脳を良くし、脳を活性化する働きを持っております。ちなみに、EPAは不飽和脂肪酸の一種であり、血をサラサラにする働きがあるほか、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やし、中性脂肪も減らしてくれます。また、DHAは脳や神経系の機能を補助し、助けることから脳を活性化させる働きがあると言われたおります。このことによって、記憶力の向上も図ることから、勉学がはかどること間違いなしです。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。焼さばの香ばしい油がこぼれ落ち、肉厚で身がホクホクです。醤油はいるかとおそるおそる食べるものの塩加減が絶妙で、正直何もかける必要はないと思います。最寄りのスーパーなんかで同じさばを買ってもその商品によっては醤油が必要だったりするので塩さばと書いてあればまずは醤油が必要ないかと思います。盛りつけたお皿にも脂はおちてくるのですが、焼いている最中はもっと脂でいっぱいなり、そのさばから流れ落ちた脂でさらにさばの表面に焼きを入れる感じでいい感じでキツネ色に焼きあがります。さばにもいろいろ料理方法があり、今回は塩焼きですが、さばの味噌煮、しめさば、あとは鯖のトマト煮何かもあったりしますね。個人的にはしめさばも好きで我が県の最寄では福井県がしめさばで有名だったりします。福井県にはしめさばのほかにも焼きさば寿司もありこれもまたおいしいのでおすすめです。福井県には滋賀県を通り京都府まで続く若狭街道を昔は鯖街道と呼ばれており、冷凍技術の無かった当時は、日本海で捕れたさばを塩でしめて陸送される方法であったため京都までは丸1日を要していたそうです。京都に到着するころにはちょうどイイ感じの塩加減になっていたことからも京都人には大変重宝されたと言われていたみたいです。少し話はずれましたが、機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です