コストコ ネスレ ミロオリジナル(700g)

1.ネスレ ミロオリジナル(700g)

購入価格 798円(2019年12月)
本日は、ネスレのミロオリジナル(700g)を購入しました。ミロと言えば誰しもが愛して病まない飲み物一つではないでしょうか?と思っているのは私だけかはわかりませんが、気が付いたら好んで飲んでいた商品の一つです。特に盛んにミロを飲んだのは中学生くらいだったと思いますが、部活後にはとってもお腹がすくので夕食前にとりあえずミロを飲んでいた記憶があります。そんなミロですが1934年にオーストラリアのトーマス・マインにより開発された商品であり、日本産ではありません。オーストラリアで販売されてから39年に日本でもようやく販売されたこともあり昭和48年のことになります。参考までに、「ネスレ・ミロは、ネスレ社が製造、発売するココア味の粉末麦芽飲料のブランド。日本では1973年よりネスレ日本が販売している。蛋白質や鉄分などの栄養素を、麦芽にココア、脱脂粉乳、各種ミネラル、ビタミンを加え、機能性飲料として商品化したもの。通常、粉末の製品を冷たい牛乳か温かい牛乳で溶いて飲む。」(出典:ウィキペディア)と皆さん当たり前にご存知だと思いますが知らない方に向けてあえてのせてみました。 それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。一度飲むと勢いついてゴクゴク飲んでしますのがミロだと思います。また、とても懐かしく部活をしていた中学の頃を思いだします。ココア味の粉末麦芽飲料なので、ただ甘いだけではなく立派な栄養補助食品のため飲みすぎても全くカラダに害はありません。また、作り方もとっても簡単で、大さじスプーンに2杯(約15g)をグラスに入れ、冷たい牛乳を入れてスプーンでかき混ぜるだけですぐに溶け牛乳がみるみるうちに茶色くなります。余談でありますが、このミロをつくるときに、いつも思い出すのがミルメークです。この賞品もミロに次いで大好きな商品だったのですが、これもまた牛乳の中にミルメークの粉を入れてかき混ぜるだけでおいしい甘いコーヒー牛乳のような味に変化します。このミルメークは小学校の給食でたまに出てくる商品でいつも出てこないからこそ期待値が高まります。揚げパンもそうですよね!っと話がそれるので、本商品の話になりますが、子どもに与えたところこれがまた癖のように飲みまくっておりました。最初は飲んだことがないので不思議な顔をしていたのですが、一口飲んだ途端に笑顔になりおかわりまで要求するようになりました。最近では、お風呂上りに必ずミロを欲しがるの消費スピードも半端ないです。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です